産後の関節痛はいつまで?環境の変化とホルモンが原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby!

出産後して何ヶ月も経つのに、産後間もないころから体のあちこちが痛むと訴えてくるママが多くいます。

足首や腰、肩などが痛くてお風呂でマッサージしたり、パパにマッサージしてもらっても治らないと不安になりますよね。

赤ちゃんを抱っこしているので腰や肩が痛むのは想像付きますが、膝や足首の痛みはなぜ起こるのでしょうか。

今回は産後の関節痛について紹介します。

・関節痛は育児の負担

産後の関節痛は多く見受けられ、手のしびれや、腰、肩が痛む他、膝や足首の痛みが取れないという症状は産後健診でよく相談があるようです。

痛みの多くは育児の負担です。

生まれたばかりの赤ちゃんは3㎏前後で軽いと感じますが、継続的に抱っこしていることで負担がかかります。

休み休み抱っこできれば良いのですが、ママの痛みは関係なしに赤ちゃんは泣きますので負担がかかってしまうのは当然です。

・ホルモンの影響?

妊娠中と出産後では、ママのホルモンバランスが大きく変わります。

妊娠中は炎症を抑えるステロイドホルモンが分泌されて関節の痛みが和らいでいましたが、出産後はステロイドホルモンが減少し痛みを感じることがああります。

また、出産することでママの体は激しい貧血状態で、それが少しずつ回復していきます。

回復する途中、全身に血液が行き渡らず関節に痛みを感じることもあるようです。

・妊娠中の体重増加が原因?

妊娠中の体重増加は8㎏前後が理想ですが、それでも体の関節にとってはかなりの負担です。

10㎏以上太ってしまった場合は負担がさらに大きくなりますね。

産後の体重が元に戻らないまま過ごしていると、知らず知らずのうちに足腰に影響が出てきます。

その上、日に日に重たくなる赤ちゃんを抱いていると、それらを支える膝や足首にも負担がかかりますね。

妊娠中はスポーツなど筋力をつける活動はどうしても控え目になるため、余計に関節に負担がかかってしまうのです。

・ママの健康管理が大切

原因によって、関節に痛みが続く期間はさまざまです。

赤ちゃんのお世話のコツをつかんできたり、頻回な授乳やおむつ替えが落ち着くと治まる場合もありますし、体重が元に戻ることで痛みがなくなることもありますね。

ホルモンが原因だった場合は、数ヶ月して生理が再開することでホルモンバランスが整い治ることもあります。

ただし関節痛が内科の疾患の初期症状である場合もあるので、症状が悪化したり、だるい、微熱があるなどの他の症状がある場合は、病院を受診した方が良いですね。

赤ちゃんが日に日に重たくなっていくのは当然嬉しいことですので、それに耐えていけるようママの健康管理をする必要があります。

体重がオーバーしてしまった場合はゆっくりダイエットをして、妊娠前の体重に戻しましょう。

時間を作って水泳などスポーツをする習慣を付けられれば、筋力アップにもストレス解消にもなり一石二鳥です。

産後の自分の体を大切にして、痛みが続くようなら1度受診をおすすめします。

無理のないように育児をしていってくださいね。

Baby! / darastar

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。