産後の生理は重たい?痛みや出血が続く原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Deadly Listeria Food Poisoning: Who are at Risk?

出産を終えると生理痛に悩まされるようになったママがいるようです。

生理周期は順調なのに毎回ひどい頭痛や下腹部の痛みがあっても、赤ちゃんがいるので寝て休むこともできず、薬で痛みを抑えることもありますね。

出血の量が多っかたり、生理が長く続くこともあり不安だと思います。

今回は産後の生理について紹介します。

・産後の生理は重い?

産後初めての生理は出血が多くなったり強い腹痛を感じたりすることがありますが、生理痛は普通、妊娠前より出産後の方が軽くなります。

回を追うごとに出血量は減り、腰痛や腹痛も軽くなることがほとんどです。

生理痛が重くなるママの場合育児のよる疲労や睡眠不足が考えられますが、毎月の症状が軽くならない時は産婦人科で診察を受けたほうが良いですね。

子宮内膜症や子宮筋腫がないか調べてみると安心です。

検査をして原因がわからなくても鎮痛剤の服用アドバイスを受けることで、生理時期を楽に過ごすことができるかもしれません。

生理痛だけでなく産後は自分の健康管理が疎かになりやすいので、診断なしに薬だけ服用するのはよくありません。

・出血がおさまらない時

2週間生理または出血が続く場合、量も多いとすれば注意が必要です。

月経時の出血異常は、子宮筋腫や子宮内膜症による子宮腺筋症が原因となりますし、排卵が順調に起こらないホルモンの分泌異常が考えられます。

妊娠前には異常がなかったかもしれませんが、1度超音波検査を受けるといですね。

・ホルモン分泌の異常

授乳していると乳汁分泌ホルモンであるプロラクチンが大量に分泌されますが、そのホルモンの影響で排卵が抑制され生理不順になるため、正常か異常かの判断は難しいです。

母乳をやめて3ヶ月以上経っていれば検査値を参考にして治療方針を決めることができますが、女性ホルモンだけでなく甲状腺ホルモンの異常によっても月経異常になることがあります。

基礎体温を1ヶ月ほど記録し、産婦人科を受診するとよいですね。

Deadly Listeria Food Poisoning: Who are at Risk? / jpalinsad360

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。