産褥ショーツはいつまで使う?本当に必要なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Chilling

出産準備をしていると、たくさんのものを用意しなければなりませんね。

中には見たことも聞いたこともない物があるかもしれません。

特に産褥ショーツという物は、初めて存在を知ったママも多いと思います。

聞いたことが無いものだからこそ、どんな物なのか、本当に必要なのか迷うかもしれませんね。

今回は入院に必要な持ち物である、産褥ショーツについて紹介します。

・産褥ショーツとは

まず産褥ショーツの読み方ですが、「さんじょくショーツ」と言います。

出産が終わって妊娠前の体に戻ろうとする期間を産褥期と言い、出産後6週から8週までのことを指します。

この期間に必要なショーツなので、産褥ショーツと言います。

生理用ショーツと似ているのですが、違いは股の部分が開閉できる形状であるところです。

布が2枚重ねになっているクロッチ部分が開閉するので、ショーツを脱ぐ必要がありません。

出産後は悪露と言われる出産時に出きらなかった出血や内膜のかけらが出て数日間出血が続くためパット付けますが、寝たまま悪露の処理や診察ができるため、多くの病院で入院前に用意するよう指示があるのです。

・産褥ショーツのサイズ選び

いわゆるマタニティショーツといわれる産褥ショーツは、股上が深くお腹周りにもゆとりがある設計になっています。

また、サイズ調節ができるようになっているので、妊娠前のサイズのMやLに合わせて購入して大丈夫です。

もし心配であれば、産褥ショーツに記載されているサイズを確認してみましょう。

ウエストは胴の1番細いところ、腹囲はお腹の1番大きいところ、ヒップはお尻の1番大きいところを示しています。

妊婦検診などで測ってもらうサイズを参考にすると良いですね。

・産褥ショーツは必要?

生理用ショーツで代用できると思いますが、産後は会陰切開した部分が痛み動けなかったり、帝王切開で動けないことが多いので産褥ショーツは大変便利です。

また、生理用ショーツより防水布の面積が大きく、産後産院から支給される悪露用の赤ちゃんのおむつくらい大きい悪露用のナプキンでもしっかりはまるよう深めの作りになっています。

出産当日と翌日は、大きなナプキンでも漏れるほど悪露の量が多いため、ナプキンが収まる産褥ショーツを使用した方が良いですね。

産後だけでなく、陣痛が長引いた時に子宮口の開きをチェックする時もそのまま診察してもらえるので便利ですね。

大抵病院では2枚から3枚用意するように指定されることが多く、平均的な使用期間は2日ほどです。

ただし個人差が大きく、自分でトイレに行けるようになれば使わなくなりますので、早い人だと2日くらいですし、悪露が多かったり寝たきりの状態になれば、使用期間も長くなります。

使用する機会が少ない分用意するのをためらうかもしれませんが、何が起きるかわからない出産です。

妊娠後期に入ったら2枚から3枚備えておくと安心です。

また、病院で用意してくれるところもあるので事前に確認しましょう。

分娩時や出産後にあると便利な産褥ショーツをぜひ用意して出産に備えましょうね。

Chilling / kadams54

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。