出産直後の赤ちゃん!どんな測定や処置をする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



息子誕生

何時間もの陣痛を乗り越えて、やっと生まれてきてくれた赤ちゃん。

生まれた直後の赤ちゃんは、健康状態をチェックしたり、お腹の外の世界で順応していけるかチェックします。

今回は生まれた直後に行う、様々な計測や処置などについて紹介します。

・生まれた直後の計測や処置

お腹の外に出てきた赤ちゃんは、まず肺呼吸をしなくてはならないため「おぎゃー」と産声をあげます。

その後医師や助産師により、様々な計測や処置が行われます。

その間ママは出血や子宮収縮の経過を見るためしばらく安静にしているので、計測されている赤ちゃんを寝ながら見ることができます。

産院によって内容や順番が前後するかもしれません。

アプガースコアの採点

皮膚色、心拍数、刺激に反応、筋緊張、呼吸の5項目を調べるのがアプガースコアです。

すべての項目を満たしていれば10点です。

7点以上は心配ないのですが、6点以下の場合はその後の経過を慎重に観察する必要があります。

体重測定

正期産で生まれる赤ちゃんの平均は3000gです。

タオルなどが敷いてある場合はその重さを引いたところで0にセットされ、赤ちゃんは裸のまま体重計の上に乗せられます。

身長測定

身長計やメジャーを使って測り、正期産で生まれる赤ちゃんの平均は50cmです。

元気な赤ちゃんほど、生まれた直後からひざを曲げてM字型に足を開いていますが、身長を測る時はなるべく足を伸ばします。

股関節脱臼の心配があるのでなるべく短時間で終わらせます。

頭囲測定

正期産で生まれる赤ちゃんの平均は30㎝から35cmです。

まゆ毛のあたりにメジャーをあてて測ります。

赤ちゃんは体よりも頭が大きいので頭囲は胸囲よりも大きいため、見た目にも頭が大きくて4頭身です。

胸囲測定

正期産で生まれる赤ちゃんの平均は30cm前後であり、頭囲より1㎝から2cm程小さいのが平均です。

お乳のあたりにメジャーをあてて測ります。

赤ちゃんはお腹がふっくらしているので見た目には胸囲が小さく見えると思います。

ネームバンドの装着

赤ちゃんの取り違いを防ぐために、ママの名前を書いたネームバンドを赤ちゃんの手首や足首に装着します。

産院によってはママもおそろいの番号入りのネームバンドをつける場合もありますが、赤ちゃんの足に油性ペンや特殊なインクで名前を書く場合もあります。

退院までこのネームバンドははずしません。

吸引

赤ちゃんは生まれた直後に産声をあげることで肺呼吸を始めますね。

その呼吸を助けるために、細い管を鼻や口から入れて気管内の羊水や粘液を吸い出してあげます。

羊水や粘液が多く残っていると呼吸のたびにからまるので、丁寧に吸引します。

点眼

もしママの産道に細菌感染を起こすような菌があると、赤ちゃんの目が炎症を起こしてしまう場合があります。

それを予防するために生まれてから30分以内に抗生物質を含む目薬を点眼します。

全ての赤ちゃんに行います。

おへその消毒

胎盤につながっていた長いへその緒を切り、赤ちゃんのお腹には2㎝から3cm程へその緒の一部が残っています。

出血を防ぐためにへその緒にはクリップをつけたり、糸で結んだりしてあります。

切断面から細菌感染が起こらないように十分に消毒をして、乾燥させますが、ガーゼで覆う場合もあります。

検温

赤ちゃんの体温を測ります。

生まれた直後の赤ちゃんの体温はお尻の穴に肛門計を入れて直腸の温度を測りますが、これは直腸や肛門に奇形がないかの観察も兼ねています。

生まれた直後は37℃から38℃と高めですが、すぐに低くなってしまうので保温には気を付けてくれます。

呼吸数

胸の動きを数えたり、聴診器を胸にあてて呼吸の音を聞いて測ります。

生まれた直後の赤ちゃんの呼吸は少し早めですが、徐々に1分間に40回から50回程度に落ち着いてきます。

呼吸数を数え、あまりにも速くて浅い場合は吸引をして気管内をきれいにしたり、心臓に問題がないかを検査します。

心拍数

聴診器を胸にあてて測ります。

赤ちゃんの心拍数は1分間に120回から150回程度が平均です。

100回以下だと少し心配になりますが、妊娠中に分かる赤ちゃんの心臓の異常は限られているので生まれた直後に心拍数の確認をするのはとても大切なことです。

心拍の数と同時に大きな心雑音がないかも聴いています。

全身の観察

五体満足で生まれてきているか、異常はないか全身をくまなくチェックします。

第一沐浴(産湯)

体中についた羊水や血液、胎脂をきれいに落とすため、赤ちゃんにとって生まれて初めてのお風呂に入ります。

カンガルーケア

ママの胸の上で裸の赤ちゃんを抱いてあげることを、カンガルーケアと言います。

ママの体温で赤ちゃんの体温も保つことができ、また呼吸も落ち着いてきますので、ここでおっぱいを吸わせてあげることもできます。

着衣

産着は肌着タイプやシャツタイプと産院によって違いますが、赤ちゃんにおむつを産着を着せます。

赤ちゃんは頭が大きく、頭から体温が逃げてしまうので保温のため帽子をかぶせる場合もあります。

必要であれば保育器に入ったり、小児科医による検査をしたりします。

息子誕生 / omoon

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。