正産期はいつから?出産に向けた過ごし方とお産の兆候とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



タイトルなし

妊娠週数を示すとき、妊娠後期や妊娠〇ヶ月ということもありますし、臨月や正産期などという言い方もしますよね。

特に出産が近づいている妊娠後期には、臨月や正産期という言葉をよく聞くと思います。

医師からも、「正産期に入ったのでいつ生まれてきても良いね」と声をかけられることもあるでしょう。

今回は正産期はいつからなのか、臨月とどう違うのかを紹介します。

・臨月と正産期の違い

臨月とは出産予定日から見て1ヶ月前のことを言います。

妊娠週数は1ヶ月を4週として数えますから、臨月は妊娠10ヶ月であり、妊娠36週から妊娠39週ということもできます。

正産期とは妊娠37週0日から妊娠41週6日のことを指し、臨月とは1週間のずれがあります。

正産期になれば、胎児の体重は2500gから3000g、身長45cmから48cm、体の機能や皮下脂肪が十分に発達していることから、生まれてきても自分の力で生きていける状態です。

そのような意味で、出産に最も適した時期ということで正産期と呼びます。

一方、妊娠36週0日から36週6日までの7日間は正産期に含まれない臨月です。

この7日間で赤ちゃんが生まれてしまうと、正産期には達していないため早産となります。

・正産期の胎児の様子

正産期になると胎児も生まれるために準備を始めます。

子宮口付近まで降りてきて、ママの骨盤に胎児の頭が入るような形になります。

そうなると胎児が動ける範囲が少なくなるので、胎動が少なくなったような感じがするかもしれません。

胎動は人によって感じ方が違いますので一概には言えませんが、回数が減ってきたら出産が近いと思っても良いですね。

もし全く感じないときは受診した方が良いと思います。

・お産の兆候

出産前になると卵膜という赤ちゃんを包む袋が剥がれて少量の出血があることがあり、これを「おしるし」と呼びます。

このおしるしがあったあとに陣痛を迎えるママも多いようですね。

おしるしがきて3日以内に陣痛を迎えることが多いようですが、出産の1週間以上前におしるしがあることもあります。

出血の量や色もさまざまで、自己判断でおしるしを見分けるのは難しいかもしれません。

また、おしるしのような陣痛がくる兆候がないまま陣痛が始まるママもいます。

多くの場合は、それまできていた前駆陣痛よりも痛みが強いので間隔を計ってみたら規則的になっていることがあります。

正産期にはいったら、予定日前でも陣痛がいつ始まってもおかしくありません。

いつもと違う痛みを感じたら、間隔を計ってみると良いですね。

中には、おしるしや陣痛がなく破水から始まるママもいます。

羊水が一気に出てくるケースや、ほんの少量ずつか出てこないケースもあり、気づかないことも多いので注意が必要です。

破水した後は細菌が入って赤ちゃんに感染してしまうこともあるので、24時間以内に陣痛がこなければ陣痛促進剤などを使用して出産を促します。

破水が正産期前に起これば、前期破水となり切迫早産の状態で入院が必要になります。

破水かどうか迷った場合は、一度病院に連絡してみると良いですね。

・正産期の過ごし方

いつ陣痛がきてもおかしくないので、入院グッツに入れ忘れはないか確認しすぐに持っていけるところに置いておくようにしましょう。

遠出は控えて、十分な睡眠をとってくださいね。

出産直後は出かけられなくなるので、育児に必要なものが揃っているか確認したり、初産の場合はパパと二人っきりで過ごせる最後のチャンスですから、無理のない範囲で素敵な思い出を作ってみてください。

出産には体力を使いますので、過酷な出産を耐え抜くためにも適度な運動やストレッチをおすすめします。

あとは、パパと赤ちゃんを迎える心の準備をして陣痛が始まるのを待ちましょう。

タイトルなし / thevelvetbird

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。