いつまで痛みがある?会陰切開をする目的と流れを知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



scared.

これから迎える出産のことを考えると、怖くて不安な気持ちでいっぱいになっているプレママがいるのではないでしょうか。

1番怖いことは陣痛、その次に怖いことは会陰切開という声が多いように思います。

しかし、怖いと思うことでもお産の途中で行われるのには理由があります。

今回は会陰切開が行われる理由について紹介します。

・会陰切開が行わる理由

子宮口が全開になると、赤ちゃんは出口に向かって出てこようとします。

ママがいきむと赤ちゃんの頭が見え、陣痛がおさまると引っ込んで見えなくなる状態を何度か繰り返します。

この時会陰の伸びが悪く、赤ちゃんの頭が出にくい時は切開をします。

赤ちゃんの心拍が落ちてくるようなら一刻も早く出してあげないと危険です。

ママと赤ちゃんの負担を減らすために、切開してお産がスムーズに進むようにしているのです。

切開をしなくても自然に裂けてしまうこともあり、傷口がきれいな場合と複雑に裂けて完治に時間がかかる場合があります。

・会陰切開の流れ

麻酔

赤ちゃんが出にくい時や早く出る必要があると判断した場合、切る部分に局所麻酔をしてくれる産院が多いと思います。

痛みはチクっとする程度なので、心配いりません。

切開

陣痛が最大で会陰が最も伸びた時に切開します。

切り方は、膣口から肛門に向けて真下に切るのが正中切開、横に切るのが側切開、斜めに切るのが正中側切開です。

1ヶ所を3cmから5cm切るのが一般的です。

縫合

赤ちゃんが産まれた後、切開した部分や避けた部分を縫合します。

1ヶ月から2ヶ月で体に吸収される、溶ける糸を使う産院が多いです。

術後

出産直後は傷を刺激せず、安静に過ごすようにしましょう。

退院するころには痛みが落ち着き、1ヶ月健診の頃にはほぼなくなります。

・切開後の便利グッツ

切開自体に痛みがない人が多いようですが、縫合や縫合後に痛みを感じるママが多いようです。

しばらくは普通に座れないママもいるようですね。

そんな時は円座クッションを使って痛みを和らげましょう。

痛む部分に当たらず、産後の授乳中も使えるので便利です。

また、トイレで拭くのが心配という声もたくさんあります。

おしりの薬用洗浄剤はトイレットペーパーを柔らかくして易しい拭き心地にしてくれるのでおすすめです。

泡で出てくるタイプもありますよ。

・初産は会陰切開になりやすい

怖いから会陰切開はしたくないというママが多いですが、初産で切らずに済む人は約2割くらいです。

会陰切開について知らないままお産に臨むより、会陰切開をする理由を知っておくことで落ち着いて受け入れられると思います。

赤ちゃんが無事に生まれてくる医療処置であることを頭に入れておきましょうね。

scared. / giarose

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。