早産を予防する方法とは?原因を知って生活を改善しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



z11

早産とは妊娠22週から妊娠37週未満の出産のことをいい、妊娠22週未満に赤ちゃんが流れてしまうことを流産といいます。

赤ちゃは妊娠40週までにママのお腹の中で体を作り、生まれてから自分の力で生きて行けるように準備をして生まれてきます。

そのため1日でも長くお腹の中で育ててあげることが大切なのです。

今回は早産を予防する方法を紹介します。

・早産の原因

赤ちゃんがお腹の中で過ごす1日は、ママの1週間分とも言われおり、とても早いスピードで体を作り上げています。

しかし体の機能ができあがる前に早産になってしまうと、さまざまなリスクを抱えて生まれてくることになってしまいますね。

早産になりやすい人にはいくつか傾向がありますので、早産の兆候がない場合でも1度相談しておくと良いかもしれません。

  • 多胎妊娠
  • 子宮頸管無力症
  • 早産経験がある
  • 子宮筋腫
  • 子宮奇形
  • 前置胎盤
  • 糖尿病や腎臓病の合併症
  • 妊娠高血圧症候群
  • 細菌、ウイルス感染症
  • 疲労やストレスが多い生活をしている

妊婦検診で早産の兆候が発見される場合もありますし、休んでも治らないお腹の張りや出血、破水などの前兆があって気づくこともあります。

当てはまる項目がある場合は相談してみましょう。

・早産を予防する方法

早産になっても赤ちゃんを医療の力で助けることができるようになってきましたが、中には死亡してしまうケースもあります。

早産を完璧に予防する直接的な方法はありませんが、日頃の生活習慣に気をつけることでリスクを軽減することができます。

冷やさない

早産になりやすい人だけではなく妊娠中の冷えは大敵ですが、早産になりやすい人の多くは体が冷えていたり、冷え性などの特徴があります。

飲み物を常温にしたり、靴下を履いて過ごすなど、暑い季節でも体が冷えないように注意しましょう。

ストレスをためない

働いているママが多かったり、妊娠中は情緒不安定になりやすいことからストレスが溜まりやすい状態のママが、現代社会においては多いですね。

日常生活でストレスを抱えていると早産しやすいので、ストレスや疲れを溜めない生活を意識するようにしましょう。

重いものは持たない

重いものを持つと自然とお腹に力が入り、それによってお腹の張りが強くなることがあります。

買い物はこまめにして、重い荷物を持つのは避けるようにしましょう。

また、背伸びもお腹が伸びてしまうので避けた方が良いですね。

運動をしすぎない

妊娠中は運動やストレッチをして血行を良くした方が良いといいますが、激しい運動は禁物です。

あくまでもリラックス効果が得られるような適度な運動をしましょう。

立ちっぱなしを止める

家事や仕事で立ち仕事を続けると疲れやストレスが溜まり、血行が悪くなってしまいます。

お腹に力も入ってしまうので、適度に休憩を取るようにしましょう。

性行為に注意

妊娠中の性行為は感染予防が大切なので、コンドームが必須です。

感染症が起きると早産の原因になるので、お互いの体を清潔にしましょう。

また、精液には細菌が含まれる他、子宮を収縮させる成分もあるため、お腹がはったら中断したり、無理な姿勢をとらないようにしましょう。

塩分を摂りすぎない

妊娠中に塩分を摂りすぎると妊娠高血圧症候群の原因になります。

妊娠高血圧症候群は早産の危険性を高め、ママと赤ちゃんの体に負担がかかります。

栄養バランスが良い食事を心がけましょう。

車の運転は休憩を挟む

妊娠中は女性ホルモンの働きで夜の眠りが浅くなり、日中に眠たくなりやすい状態です。

そのため注意力が散漫になり、思わぬ事故を引き起こしてしまうかもしれません。

また、長時間同じ姿勢でいることも早産の原因になるため、車の運転は控えるか、どうしても必要なら30分から1時間に1度は休憩を挟むようにしましょう。

たっぷり休養をとる

妊娠中は色々気をつけていてもホルモンの影響で眠たくなりやすいですし、体が重い分疲れやすいです。

お腹の張りを感じたら横になって休憩しましょう。

また、夜は早めに布団に入り十分な睡眠をとるようにしましょうね。

・早産は早期発見が重要

早産で生まれた赤ちゃんはリスクを持つ可能性が高くなりますが、早期発見することで赤ちゃんを正産期までお腹で育てることも可能です。

絶対的な予防法があるわけではありませんが、普段から健康的な生活を心がけることが大切です。

また、定期的に妊婦検診で診てもらうことが早期発見に繋がります。

何か問題が見つかっても切迫早産の段階で治療ができれば回復することも十分にあり得るので、赤ちゃんのことを第1に考えた生活を送るようにしましょうね。

z11 / deovolenti

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。