切迫早産は予防できる?トコちゃんベルトは効果的?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby hand

早産の1歩手前の状態のことを切迫早産といいます。

赤ちゃんがまだ生まれてくるには早すぎる時期に、下腹部が痛んだり破水するなどの症状があるため、安静にして過ごすことが求められます。

できれば妊娠中は切迫早産などのトラブルを回避して過ごしたいですよね。

切迫早産は予防する方法はないのでしょうか。

・切迫早産とは

切迫早産は妊娠22週から妊娠37週未満に、赤ちゃんが生まれてきそうな状態をいいます。

生まれてきそうな状態というのは、頻繁に子宮収縮が起こったり、子宮口が開いたり、破水してしまった状態です。

赤ちゃんがまだお腹の中で成長している途中なのに生まれてこようとしているので、1日でも長くお腹にとどめておくことが必要です。

切迫早産と診断されたら早産にならないように、治療を受けたり日常生活を制限して過ごすことが必要になります。

・切迫早産の原因

絨毛膜羊膜炎

切迫早産の原因として最も多いのが、絨毛膜羊膜炎という感染症です。

細菌感染によって炎症が子宮頸管や卵膜までに達してしまうことで、破水や子宮収縮が起こりやすくなっています。

子宮頸管無力症

子宮収縮がないのにもかかわらず子宮口が開いてしまい、破水しやすくなる病気です。

子宮筋腫、子宮奇形などの子宮の異常

生まれ持った子宮の形が異なる形になっている状態だと、妊娠しても継続できる確率が低い病気です。

多胎妊娠

赤ちゃんが2人いることで子宮が大きくなり、子宮収縮が起こりやすい状況です。

羊水過多

羊水が多いと子宮筋が引き伸ばされて子宮収縮が起こりやすい状況です。

立ち仕事、疲れ、ストレス、睡眠不足

疲れやストレスがたまると交感神経が優位になり、子宮収縮が起こり切迫早産につながることがあります。

立ち時間が長いと、重力によって子宮口に負担がかかりお腹が張りやすくなります。

冷え

寒さやクーラーの冷えだけではなく、足首が出ている服などが原因で血管が収縮しお腹が張りやすくなります。

・切迫早産の予防

切迫早産の予防としては、妊娠中に無理のない生活を送ることが第1です。

バランスの取れた食事や体を冷やさないようにしたり、疲れたら休む習慣を付けることが大切です。

また、切迫早産を引き起こす原因があるなら、予防や治療をしておくことも大切です。

絨毛膜羊膜炎

絨毛膜羊膜炎は赤ちゃんを包んでいる絨毛膜と羊膜が炎症を起こしている状態なので、予防法としては細菌への免疫力を高めるために、栄養バランスの良い食事や日光を浴びて散歩すると予防に繋がります。

また、細菌感染は性行為によっても引き起こされるため、性行為する際はコンドームをつけるなど生殖器を清潔に保つように心がけましょう。

子宮筋腫や子宮奇形などの子宮の異常

以前の妊娠で子宮の異常が発見されている場合で、今後も切迫早産になりやすいと判断される場合は、子宮筋腫の治療や子宮奇形の手術を妊娠前に行い、次の妊娠の備え予防します。

子宮頸管無力症

子宮頸管無力症は、子宮から外に繋がる子宮頸管が出産が近付いていないのに開き始めてしまうので、子宮頸管を糸やテープで縛って子宮を開きにくくする子宮頸管縫縮術によって予防します。

・トコちゃんベルトで切迫早産を予防

妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌される影響で、骨盤が緩み始めます。

骨盤が緩むことにより子宮や内臓が下がり子宮頸管が押しつぶされて、お腹の張りや腰痛が起きるのです。

子宮頸管は圧迫されることによって刺激され、子宮収縮が起き、子宮頸管が短くなり切迫早産の原因になると言われているのです。

それを予防するために、トコちゃんベルトで子宮やその他の内臓を正しい位置で支えることでお腹が張りにくくなり、子宮頸管の短縮も防ぐことができます。

トコちゃんベルトは産前だけではなく、産後の最大限緩んだ骨盤にも効果があります。

・切迫早産と診断されたら

切迫早産は、不正出血や腹痛、破水などの症状があり、一刻を争う状況かもしれません。

診断を受けたら即入院になることもありますが、症状が軽ければ自宅で過ごすことも可能です。

何より早期発見が大切ですので、定期的に妊婦検診を受けて安静に過ごすことを心がけましょう。

Baby hand / madprime

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。