切迫早産は安静が大事!絶対安静の過ごし方と解除される時期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



baby smile

切迫早産と診断されて不安な日々を送っている妊婦さんもいるのではないでしょうか。

切迫早産は赤ちゃんが生まれてきそうな状態ですが、早期発見と正しい治療ができれば防ぐことが可能です。

また、安静がなによりも大切になります。

今回は切迫早産と診断された時の具体的な安静方法や、安静解除について紹介します。

・切迫早産の原因と症状

妊娠37週から妊娠41週6日である正産期未満に赤ちゃんが生まれることを早産といい、その1歩手前である切迫早産は生まれてきそうな状態のことをいいます。

切迫早産の原因は母体側にあったり、胎児側にあったりとさまざまなことが要因となって引き起こされます。

例えば絨毛膜羊膜炎などの細菌感染や子宮頸管無力症などの子宮のトラブル、妊娠高血圧症候群です。

また、多胎妊娠や羊水過多や羊水過少が原因でも切迫早産に繋がると言われています。

ストレスや冷えも原因となるため、妊娠中は無理のない生活がとても大切です。

切迫早産の症状は、お腹の張り、破水、不正出血、お腹の痛みがあります。

症状の進み具合によっても異なりますが、中にはそのままお産につながってしまう場合もあるので、このような前兆があればすぐに受診しましょう。

・切迫早産での絶対安静の過ごし方

切迫早産の場合、子宮口の開き具合や子宮頸管の長さによって安静の度合いが異なります。

入院して絶対安静になった場合は、トイレや食事をする以外はベットで寝て過ごすことになります。

自宅で絶対安静を指示された場合も基本的には寝て過ごすことになります。

家事

キッチンに長時間立つことや、掃除でしゃがんだり重たいものを持つことは絶対禁止です。

重力によって子宮頸管に負担がかかるので、パパや母にお願いしましょう。

軽い安静なら簡単な料理はしても大丈夫ですが、絶対安静の場合はご飯は宅配にしたり、掃除はパパに任せましょう。

外出

絶対安静の時は外出は控えましょう。

買い物は宅配サービスを利用したりパパにお願いして、病院の行き来もタクシーなどを使いましょうね。

軽い安静なら近くに買い物に行く程度は大丈夫ですが、重たいものは持たないようにして歩きやすい靴で出かけましょう。

入浴

医師から止められていなければ入っても大丈夫ですが、出血している場合は流す程度にしましょう。

熱い湯船に長時間浸かると子宮が収縮してしまうので、ぬるめのお湯に浸かりましょう。

トイレや歯磨き、洗顔などは短時間で済ませるようにしましょう。

立ちっぱなしが負担になるので、椅子を用意したり、ヒーターを使って体を冷やさないように工夫しましょう。

仕事

絶対安静と言われたら、仕事はお休みをもらうようにしましょう。

病院にお願いすると診断書をもらえるので必要なら書いてもらい、自宅安静が解除されるまでお休みしてください。

・絶対安静は解除される?

切迫早産で絶対安静が解除されるのは、赤ちゃんがいつ産まれても大丈夫な正産期に入ってからがほとんどになると思います。

正産期は赤ちゃんが十分に育っている時期なので、張り止めも飲まなくて良くなるはずです。

中には正産期を前に、子宮頸管の長さが伸びたり状態が落ち着くと絶対安静が解除されることがあります。

正産期前でも、正産期に入ってからでも、絶対安静が解除されたからと言って無理は禁物です。

1人で遠出したり、重たいものを持つなどは止めましょう。

絶対安静が解除されても、再び状態が悪くなり絶対安静になったり再入院することもあります。

また、多胎妊娠の場合や子宮口の開き具合などから生まれるまで管理入院が必要なこともあります。

医師の指示に従って、ゆったりとした生活を心がけましょうね。

・安静解除後も無理は禁物

寝たきりで過ごした絶対安静の時期は、不安や疲れでストレスが溜まると思います。

絶対安静が解除されると嬉しくて無理をしてしまうことが多いので、絶対に止めましょうね。

家事や外出が可能になりますが、疲れたりお腹が張るようなら横になって休んでください。

いつ産まれても大丈夫だと言っても、1人での外出や遠出は避けた方が安心ですね。

仕事も出産するまでお休みさせてもらいましょう。

立ち仕事はもちろん、デスクワークも同じ姿勢が長時間続くことでお腹に負担がかかります。

安静が解除されたらいつ産まれても大丈夫な時期なことが多いので、パパと2人の時間を楽しみ、残りわずかなマタニティライフを楽しんでくださいね。

baby smile / JerryLai0208

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。