里帰り出産はいつから?里帰り期間や旦那さんのケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Dylan

出産とその後の育児を考えて、里帰りするママは約半数ほどいます。

出産後は体力が落ちているため、家事や育児が大変になるので母親にサポートしてもらえるのは良いと思います。

しかし旦那さんとしばらく離れて過ごすことになるため、不安を感じるママも多いようですね。

今回は里帰り出産のメリットとデメリットを紹介します。

・里帰り出産とは

里帰り出産は、産前や産後にママが実家に帰って、出産や育児の先輩でもある両親に家事や育児をサポートしてもらうことです。

赤ちゃんのお世話で慌ただしく過ごす日々が続き、身体的にも心理的にも負担がかかるので、その部分を支えてもらえるのはママにとってとても助かると思います。

育児の先輩から学びながらゆっくり産後を過ごせるのは良いことですし、孫の顔を見られる両親にとっては嬉しいですよね。

・里帰り出産の時期

里帰り出産は、臨月から赤ちゃんとママの1ヶ月健診が終わった頃を目処に帰ることが多く、およそ2ヶ月から3ヶ月の滞在が一般的です。

しかし実家に帰るのに飛行機を利用しなければならない距離だったり、旦那さんの単身赴任等の場合は滞在期間が長くなります。

また、遠距離の場合は新生児の赤ちゃんを連れて長距離移動をしなければならないため、外出の練習も必要になり滞在期間が長めです。

逆に近いほど滞在期間が短くなる傾向にあります。

実家と自宅が近い場合は、産後に里帰りする場合もあります。

この場合も産後1ヶ月のママの体は不安定なので、1ヶ月健診が終わってから帰るのが一般的です。

あまり長く滞在しすぎると、パパが父親としての実感がわきにくく、母親も疲れが溜まってしまうので2ヶ月くらいがちょうどよいのではないでしょうか。

・里帰りのメリット

  • 母親に育児のアドバイスをもらえたり手伝ってもらえる
  • 家事を母親に任せられるため赤ちゃんのお世話に専念できる
  • リラックスできる

不安定になりやすい時期に母親がそばにいてくれるので、心強く精神的に安定することができます。

家事や育児を手伝ってもらえるので、体をしっかり休めることもできますし、上の子がいる場合も見てもらうことができ助かると思います。

・里帰りのデメリット

  • 長時間旦那さんと離れるので父親としての実感が湧きにくい
  • 里帰り先の産院を探す必要がある
  • 旦那さんの面会が大変
  • 母親との意見の違いが見える

男性は妊娠や出産を経験しないため親になった実感が沸きにくいのですが、里帰りをすると赤ちゃんと離れる時間が長くより実感が沸かないかもしれませんね。

実家の場所にもよりますが、旦那さんになかなか会えない距離だと、旦那さんのケアも必要になります。

また、一昔前とは育児の常識が変わっている部分もあるので、母親に意見を押し付けられて対立することもあるかもしれません。

・旦那さんのケアが大事

里帰りすると父親としての実感が沸かないだけではなく、夫婦間のコミニュケーションも希薄になりがちです。

里帰りする際はしっかりと準備をし、こまめにコミュニケーションを取ることが大切です。

毎日電話やメール、赤ちゃんの写真を送るなど、旦那さんに積極的に連絡を取るようにしましょう。

また、保存食を買ったり作り置きをして、日用品を十分に補充しておくことも大切です。

ゴミ出しや支払いなどしてほしいことはメモに書き、わかりやすいところに張って置くと良いですね。

実家に来てもらう予定を経てて、離れていても仲良く里帰り出産を乗り切りましょうね。

Dylan / Fire At Will [Photography]

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。