GBS検査はいつするの?陽性だった場合の新生児への影響とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



babies

日本の妊婦検診では、妊娠週数に応じてさまざまな検査が行われます。

妊娠後期になるとGBS検査を行い、新生児に影響はないかを調べてくれるのです。

もしGBSを妊婦さんが保有していた場合、適切な処置が必要になるので事前に知っておく必要があります。

今回はGBS検査について紹介します。

・GBS検査とは

GBSとは、B群溶血性レンサ球菌という細菌です。

細菌と聞くと不安だと思いますが、常在菌といい私達の体のどこにでもいる細菌で、非常に生命力が弱い菌なので、妊婦さんの体に害を与えることはありません。

しかしGBS抗体を持っていない妊婦さんがGBS検査で陽性になった場合は、新生児に悪影響を及ぼしてしまうのです。

経膣分娩で母体から赤ちゃんに産道感染すると、新生児GBS感染症という重大な病気を発症する可能性があるのです。

赤ちゃんを守るために妊娠後期に検査をして、陽性なら産道感染を分娩時に防ぐことが大切です。

・新生児GBS感染症の合併症

新生児GBS感染症は、産道に潜んでいるGBSが赤ちゃんの目や鼻、口などから体内に侵入し、肺炎や敗血症、髄膜炎などの合併症を引き起こします。

髄膜炎を発症してしまうと症状が重く、最悪の場合は死亡してしまったり、後遺症が残ったりします。

胎児は卵膜によって守られているので、破水や卵膜が破れた時にGBSが赤ちゃんに触れ感染する可能性があります。

帝王切開をする場合は感染の心配はありません。

・GBSの検査方法

妊娠後期に入ったら、膣口や肛門周辺を検査用の綿棒でこすり、培養検査でGBSの有無を調べます。

検査をしたかどうか記憶に無い場合は、母子健康手帳を見てみましょう。

GBS検査という欄があり、陰性(-)または陽性(+)の記載があるはずです。

GBS検査は赤ちゃんへの産道感染を防ぐのが目的なので、妊娠初期や妊娠中期には行いません。

卵膜に包まれている赤ちゃんには悪影響を与えないと考えられているので、妊娠後期に検査をして出産に備えることになります。

前回の出産で赤ちゃんが新生児GBS感染症だった場合は、母体の抗体が低いことが予想されるので、GBS陽性として扱い検査を省略するかもしれません。

もし今回の検査で陰性だとしても、前の赤ちゃんが新生児GBS感染症だったケースはGBS陽性として赤ちゃんに感染予防を行います。

・産道感染を防ぐ方法

陣痛が始まると、アンピシリンというペニシリン系抗生物質を母体へ点滴投与します。

破水からお産が始まった場合も予防治療が行われます。

初回に2g、以後お産の終了まで4時間毎に1gずつ点滴します。

ペニシリンにアレルギーがある場合は違う抗生物質を使い赤ちゃんを守りますが、これらの対策をしても稀に赤ちゃんに感染してしまうことがあります。

その確率は4000分の1ですが、予防治療をしてもGBSに感染するケースがあることを知っておきましょう。

・新生児GBS感染症の治療法とは

もし新生児GBS感染症にかかってしまった場合、生後7日未満に発症する早発型と7日以降に発症する遅発型があります。

早発型は誕生後の入院中に発病するので、呼吸困難や胸がへこむ陥没呼吸などの症状が見られれば抗生物質を投与して対処します。

遅発型は退院後自宅で発症することになるので、発見が遅くなるかもしれません。

赤ちゃんがまだ小さいので、呼吸困難になったり、突然呼吸が止まる無呼吸発作という症状がでる可能性があります。

また、髄膜炎による痙攣や元気のなさ、哺乳力の低下などの症状がみられるかもしれないので、大至急出産した病院へ行きましょう。

治療法はありますが、新生児は抵抗力が弱いので処置が遅くなれば遅くなるほど危険を伴います。

異変があった場合は迷わず病院へ行きましょうね。

・妊婦検診を受けよう

母体がGBS陽性でも赤ちゃんが新生児GBS感染症が発症するのは約1%であり、ほとんどは母体にある抗体が赤ちゃんへ移行し、赤ちゃんを守ってくれます。

しかし新生児GBS感染症にかかると命の危険があることを忘れないでください。

GBS検査をしっかりと受けることで赤ちゃんへの感染リスクを減らすことができますので、妊婦検診は必ず受けるようにしましょうね。

babies / GoonSquadSarah

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。