子どもの病気

突発性発疹の特徴は機嫌が悪いこと?不機嫌はいつまで続く?

Moody look

赤ちゃんが最初にかかると言われている突発性発疹は、高熱の割に機嫌が良いことが多いですね。

おっぱいの飲みがよく、咳や鼻水、嘔吐といった風邪のような症状がほぼないので、病院では突発性発疹であるという確定診断ができません。

解熱してくる頃に下痢をすることもありますが、この時点でも確定できないのです。

診断が確定するのは、解熱後に発疹が出て初めて診断名がつきます。

解熱したら外出できると言われていますが、機嫌が悪くて外出できないことも多いのではないでしょうか。

続きを読む

ものもらいはうつるの?!赤ちゃんがなりやすい原因と治療法

josh_0006.JPG

赤ちゃんの目が腫れて不機嫌そうにしていたら、ものもらいになっているかもしれません。

赤ちゃんの目の周辺の皮膚は薄く、爪や髪の毛があたったり、授乳や食事で汚れた手で目を触ったりすることで、すぐに炎症を起こしてしまいます。

ものもらいは大人だけではなく、意外と赤ちゃんに多い病気なのです。

今回はものもらいについて紹介します。

続きを読む

水ぼうそうの予防接種は2回受けるべき?1回だと少ない?

baby

水ぼうそうは、主に乳幼児や児童に感染する感染症です。

2014年10月から定期接種へと変更になり、多くの子供達がしっかりと免疫をつけられるようになりました。

しかし水ぼうそうは、予防接種を受けたにもかかわらず感染してしまうことがあります。

今回は水ぼうそうの症状と予防接種について紹介します。

続きを読む

風疹の症状は3日で治る?予防接種にかかる費用とは

District Public Health Office, Immunization Clinic, Pokhara, Nepal.

非常に感染力が強い感染症の1つである風疹の予防接種は、赤ちゃんが1歳になると同時に受けることを勧められる予防接種です。

赤ちゃんがかかると合併症の影響で障がいが残る可能性が高まってしまうのです。

今回は風疹の症状と予防接種について紹介します。

続きを読む

はしかの症状は重い?予防接種で合併症を防ごう

SAKURAKO visit to patient in Sapporo City General Hospital.

はしかという感染症を聞いたことがあると思います。

大人は1度は感染した経験、または予防接種を受けた方が多いのではないでしょうか。

しっかり予防接種を受ければ防ぐことができるのですが、感染すると重症化しやすく入院が必要になることもあります。

今回ははしかの症状と予防接種について紹介します。

続きを読む

おたふく風邪の症状とは?予防接種で合併症を防ごう

My world is broken

おたふく風邪は耳の下が痛み、熱が出るというイメージがあると思います。

子どもがかかると比較的軽く済むことが多いのですが、大人は重症化しやすいという特徴があります。

おたふく風邪は予防接種で防ぐことが可能な感染症です。

今回はおたふく風邪の症状や予防接種について紹介します。

続きを読む

乳児の湿疹はいつまで続く?薬を使ったケアは必要か

DSC_6012

赤ちゃんの体にできる湿疹を乳児湿疹と呼びますが、乳児脂漏性湿疹といい生後1ヶ月から2ヶ月に多く見られる湿疹があります。

ママからもらったホルモンの影響で起こるため、生後3ヶ月までに治ることが多い皮膚のトラブルです。

今回は乳児脂漏性湿疹について紹介します。

続きを読む

予防接種の副反応の症状は?受診する目安を知ろう!

checking blood pressure

予防接種を受けると、病気に対する免疫を作るために病原体(ワクチン)を体内に入れることで、一時的に体調が悪くなるなど望ましくない反応がでることがあります。

これを副反応といい、発熱や接種部位の腫れ、機嫌が悪くなるなどの症状があります。

副反応が起こるのは自然なことですが、極稀に重篤な反応が出ることがあります。

今回は副反応の主な症状について紹介します。

続きを読む