子どもの病気

1年に2度も感染する?インフルエンザ症状とは

SAKURAKO wears a protective mask.

インフルエンザの流行がニュースでも伝えられ、警戒する日々が続いていますね。

学校や幼稚園等でも学級閉鎖や学年閉鎖が相次ぎ、その感染力が伺えます。

今年は暖冬のせいでインフルエンザの流行が遅く、インフルエンザA型とインフルエンザB型が同時に流行ったため、感染が拡大したと言えます。

インフルエンザA型にかかってもインフルエンザB型にかかる可能性もあり、症状が少し違っています。

今回はインフルエンザの種類とその違いについて紹介します。

続きを読む

熱があるけど元気?病院に連れて行くタイミング

Going to the hospital with Scott

子どもはよく熱を出します。

ぐったりしていると病院へ連れて行こうと判断しやすいですが、熱があっても元気な子どももいて、どのタイミングで病院に連れて行くべきか迷うかもしれません。

子どもが熱を出しても様子を見て良い場合と、受診が必要な場合を知り適切な対応ができるようにしておくと良いと思います。

今回は子どもの発熱について紹介します。

続きを読む

どうしてミルクを吐き戻すの?胃食道逆流症とは

melun kapellimestari

ミルクを飲んだ赤ちゃんがよく吐いたりすることがあります。

通常は飲み込んだミルクは、食道と胃のつなぎ目である噴門部にある下部食道括約筋という筋肉によって食道に逆流しないようになっています。

逆流しないよう防止されていますが、これが機能しなくなると胃に入ったミルクが食道に逆流します。

これを胃食道逆流現象といい、それに伴い症状が出ると胃食道逆流症と言います。

今回は赤ちゃんに起きる胃食道逆流現象について紹介します。

続きを読む

妊婦健診で発覚?小頭症とは一体どんな病気なのか

Baby facepalm

妊婦健診のエコー検査や出生後の乳児健診で赤ちゃんの頭囲が小さく、医師に経過を観察しましょうと言われることがあります。

頭囲が小さい病気を小頭症と言います。

障がい疾患の1つで、頭の病気というより脳の病気と捉えた方がわかりやすいですね。

今回は小頭症はどんな病気なのか、原因はどこにあるのかなど紹介していきます。

続きを読む

口の中を痛がる!考えられる病気とは一体なに?

歯が2本

子どもが口の中を痛がっていると、食事や水分を摂れなくなりとても辛そうです。

口の中の痛みは重症な病気でない場合がほとんどですが、感染症であれば幼稚園や保育園をお休みしなければなりませんね。

子どもが口の中を痛がった時、どんな病気が考えられるのでしょうか。

他の症状がないかを一緒に見てあげてくださいね。

続きを読む

サヴァン症候群とは?驚きの能力を持つ子ども達

絵の具でお絵かき

サヴァン症候群と呼ばれる自閉症を知っているでしょうか。

これは知的障害や発達障害を持った人のうち、特定の分野において類稀なる才能を発揮できる人のことを言います。

ブレインマンという映画でも話題になったことで知っている人も多くるかもしれません。

今回は自閉症の1つであるサヴァン症候群について紹介します。

続きを読む

冬に感染拡大!ノロウイルスから乳児を守る方法

spitting

冬の時期になると世間を騒がせる病気というと、ノロウィルスがあげられると思います。

大人でも発症しますし、ノロウイルスに感染するととても大変な思いをしますよね。

乳児が感染すると重症化しやすいのがノロウイルスです。

では、ノロウィルスに感染しないよう気を付けなければならないことは何でしょうか。

原因なども含めて説明したいと思います。

続きを読む

りんご病とはどんな病気?気を付けたい年齢とは

let me see your soul

生まれたばかりの赤ちゃんにはたとえどんなに軽い病気でもかかってほしくありませんよね。

りんご病について全然聞いたことがなかった、名前しか知らないというママが多いと思います。

りんご病って可愛い名前ですが見くびってはいけません。

そもそもりんご病とはどのような病気なのでしょうか。

今回はりんご病の症状や治療法について紹介していきます。

続きを読む

牛乳が原因かも?乳幼児も鉄欠乏症貧血になる理由があった

Ice cream headache

貧血と聞くと、めまいがしたり顔色が悪くなったり立ちくらみなどさまざまな症状を思い浮かべることでしょう。

貧血のほとんどは体内の鉄分不足が原因で起こるため鉄欠乏症貧血と言われ、貧血=大人というイメージが強いかと思いますが、乳幼児にも起こりうる病気なのです。

まず、鉄欠乏症貧血とはどういう病気かと言うと、人間の体内には赤血球がありその中にあるヘモグロビンが酸素を運ぶ役割をします。

ヘモグロビンを作るのに鉄分が必要で、体内に血が不足するとヘモグロビンが減り、赤血球の色が薄くなってきます。

また赤血球の大きさも小さくなると言われています。

鉄欠乏貧血を起こし乳幼児の成長や発達障害、知能の低下にも関係すると言われているほど、恐ろしい病気の1つです。

今回は鉄欠乏症貧血の原因や症状について紹介します。

続きを読む

乳幼児の中耳炎の見分け方!3日以上の発熱には要注意

cry-baby

赤ちゃんがお熱を出すとママはすごく心配になり、乳児特有の突発性発疹や、風邪など色々頭に浮かぶと思いますが、発熱したら中耳炎の可能性も頭の片隅に入れておいて欲しいのです。

中耳炎は子どもの頃ママたちも経験があると思いますが、どのような症状があれば中耳炎を疑うべきかご紹介していきます。

続きを読む