子どもの病気

はしかの症状は重い?予防接種で合併症を防ごう

SAKURAKO visit to patient in Sapporo City General Hospital.

はしかという感染症を聞いたことがあると思います。

大人は1度は感染した経験、または予防接種を受けた方が多いのではないでしょうか。

しっかり予防接種を受ければ防ぐことができるのですが、感染すると重症化しやすく入院が必要になることもあります。

今回ははしかの症状と予防接種について紹介します。

続きを読む

おたふく風邪の症状とは?予防接種で合併症を防ごう

My world is broken

おたふく風邪は耳の下が痛み、熱が出るというイメージがあると思います。

子どもがかかると比較的軽く済むことが多いのですが、大人は重症化しやすいという特徴があります。

おたふく風邪は予防接種で防ぐことが可能な感染症です。

今回はおたふく風邪の症状や予防接種について紹介します。

続きを読む

乳児の湿疹はいつまで続く?薬を使ったケアは必要か

DSC_6012

赤ちゃんの体にできる湿疹を乳児湿疹と呼びますが、乳児脂漏性湿疹といい生後1ヶ月から2ヶ月に多く見られる湿疹があります。

ママからもらったホルモンの影響で起こるため、生後3ヶ月までに治ることが多い皮膚のトラブルです。

今回は乳児脂漏性湿疹について紹介します。

続きを読む

予防接種の副反応の症状は?受診する目安を知ろう!

checking blood pressure

予防接種を受けると、病気に対する免疫を作るために病原体(ワクチン)を体内に入れることで、一時的に体調が悪くなるなど望ましくない反応がでることがあります。

これを副反応といい、発熱や接種部位の腫れ、機嫌が悪くなるなどの症状があります。

副反応が起こるのは自然なことですが、極稀に重篤な反応が出ることがあります。

今回は副反応の主な症状について紹介します。

続きを読む

インフルエンザ脳症は後遺症が残る?原因と予防法とは

Babys Head

インフルエンザ脳症という病気を聞いたことがありますか?

その名の通りインフルエンザにかかった乳幼児が発症してしまう病気です。

けいれんや意識障害が起きるだけではなく、命に関わる重篤な疾患と言われてます。

今回はインフルエンザ脳症の原因や予防法について紹介します。

続きを読む

アトピー性皮膚炎の原因は遺伝?生後1ヶ月から見られる症状とは

Mom, dad and daughter

アトピー性皮膚炎は遺伝的要素が大きく、アレルギーを起こしやすい体質であったり、皮膚のバリア機のが弱い赤ちゃんに多く見られる、皮膚の炎症を伴う病気です。

秋から冬に悪化しやすく、手足の関節に湿疹ができたり、耳切れするなどの特徴があります。

今回は生後1ヶ月から見られる、アトピー性皮膚炎について紹介します。

続きを読む

便秘の原因と解消方法をチェック!判断するのはうんちの状態?

Daddy Diaper

お腹のトラブルとして身近なものと言えば、便秘ではないでしょうか。

赤ちゃんの便秘は、何日出なければ便秘という定義はないのですが、目安としては3日以上出なければ、溜まった便を早目に出す必要があります。

便秘の主な原因は、水分不足や不規則な生活です。

便秘で苦しまないよう、ママがしっかりと対策をしてあげましょうね。

続きを読む