幼児

対処できないことに涙が出る子どもの対応とは?

portrait-child-window-light.jpg

困ったことや不安なこと、対処できないようなことが起こると「泣く」という形で表現する子どもがいます。

泣くこと自体は悪いことではないのですが、問題を対処したり、不安な気持ちを落ち着かせたりすることができるようになっていく必要がありますね。

泣いている子どもに「しっかりしなさい」と声をかけてしまいがちですが、ママはどうやって接していくと良いのでしょうか。

続きを読む

トイレトレーニングはいつから始めたら良いの?

IMG_3004

1歳半が過ぎ、2歳に近づくと心配になってくるのがトイレトレーニングですね。

うちの子はまだトイレでできない、もうできている子もいるのに。

そんな心配で頭がいっぱいになってくると思います。

しかし、慌てないでください。

トイレで用を足せるようになるのは本当に個人差があります。

まずは子どもがトイレトレーニングを始める段階にきているかをチェックしましょう。

続きを読む

栄養面での授乳が終了!卒乳に向けて必要な条件とは

Whats over here?

1歳から2歳になると1日3回の離乳食と、補食としてのおやつからほとんどの栄養を補えるようになりますね。

おっぱいは栄養面では必要なくなりますが、赤ちゃんにとっては生後すぐから慣れ親しんできたおっぱいなので、日中も甘えたくて欲しがる子どももいると思います。

逆に、子どもの方からおっぱいを欲しがらなくなり、自然と卒乳する子どもも出てくる時期です。

今回は1歳から2歳のおっぱいをあげるポイントを紹介します。

続きを読む

飛び出しや転落に注意!1歳から2歳までの夏の楽しみ方

Holding on Tight

1歳をすぎると体がだいぶしっかりしてきて、遅くても1歳半くらいにはひとり歩きが始まりますね。

ひとりで歩くことができると、興味をもって色々なところに行きたがります。

お出かけは遠くに行くことができるようになりますが、事故に注意しなければいけない時期です。

今回は1歳から2歳までの夏のお出かけを楽しむポイントを紹介します。

続きを読む

ドライヤーの冷風で乾燥!おむつの蒸れを防ぐ方法とは

Action Shot

夏はおむつの中が蒸れやすく、おむつかぶれなどのトラブルを起こしやすくなります。

放っておくと、赤くただれたり切れてしまい、おしっこやうんちをするたびに赤ちゃんが痛くて泣くようになるかもしれません。

おむつ替えの時、ちょっとした工夫でおむつかぶれを防ぐことができるので、夏はいつものお世話を一工夫してみましょう。

続きを読む

1歳から1歳半の夏の夕方から夜にかけての過ごし方

IMG_9313

1歳から1歳半になると、お昼寝が午後に1度だけになったり、離乳食から幼児食に移行していく時期ですね。

夏の暑い日の夜は寝付きが悪くなるかもしれませんが、日中にしっかりと体を動かすことで早く寝付けるはずです。

今回は1歳から1歳半の子どもの、夏の夕方から夜にかけての過ごし方を紹介します。

続きを読む

活動量が増加!1歳から1歳半の夏の日中の過ごし方

My Favorite Photo of the Day

1歳から1歳半になるとたっちやあんよができるようになります。

お昼寝が午後1回になる子どもが増え、活動量が一気に増える時期ともいえます。

体をしっかり動かして、メリハリをつけた日中の過ごし方をしたいですね。

今回は1歳から1歳半の子どもの、夏の日中の過ごし方を紹介します。

続きを読む

朝顔を拭いてスッキリ!1歳から1歳半の夏の朝の過ごし方

i have ice cream

1歳から1歳半になるとたっちしたりあんよしたりするようになります。

たくさん汗をかくのでこまめな水分補給が必要になりますが、中には卒乳する子どももでてきて水分補給の機会が減り熱中症に注意が必要です。

手先も器用になり、積極的に体を動かしたい時期なので、しっかりと早起きして涼しい時間帯に活動したいですね。

今回は1歳から1歳半の夏の朝の過ごし方について紹介します。

続きを読む

絶対音感は必要?子どもが本当に必要な音感とは

Victor Drumming

絶対音感と聞くと、便利そうで、なんだかかっこよく聞こえますよね。

実際に身につけさせたいと思うママも多くいて、幼児期の習い事としてリトミックなどの音楽系に人気が集まってきています。

絶対音感を身につけるにはことで良いこともあるのですが、必要ないという意見もあるようです。

今回は絶対音感のメリットとデメリットを紹介します。

続きを読む

友達と上手に遊ぶには?どうしてだめなのかを説明しよう

Pumpkin Patch Place 90

友達や知らない人と接する時、相手のことを思いやれるような子どもに育って欲しいというのが、親心ですよね。

「じゅんばんこ」や「貸して」という言葉が言えるようになるのは、2歳半くらいからです。

公共の場で遊ぶことで、自分の思いだけを通していては友達とうまく遊べないんだとわかり、はじめて思いやる気持ちが芽生えてきます。

今回は友達と仲良く遊べるようになるまでの、ママの関わり方について紹介します。

続きを読む