夜泣きの原因と安眠させる方法!適度な刺激が眠りを誘う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Cry Baby

赤ちゃんの中には夜泣きがひどい子もいますよね。

そんな時、ママは必死になって赤ちゃんが泣き止むように優しく声掛けし、眠たい中抱っこしてなんとか泣き止ませようします。

あまりにひどく泣くと、パパが「うるさい」「まだ泣き止まないのか」とイライラし始め、ママはパパの発言に対してイライラ。

そんな経験ありませんか?

今回は赤ちゃんの夜泣きの原因と対策を紹介していきます。

・夜泣きの原因とは

赤ちゃんの夜泣きの原因は、実ははっきりと分かっていません。

睡眠サイクルが狂ってしまっていることや、刺激やストレスなどが原因と考えられています。

ぐっすりと寝てしまって起きるのがお昼に近かったり、眠るのが深夜や明け方になってしまったり、夜中に目を覚まして再度寝られず遊んでしまったりと、考えられることは多々あります。

睡眠サイクルの狂いをしっかりと直さなければ生活リズムはいつまで経っても整いません。

ただし、赤ちゃんは自然に生活リズムを身に付けられるわけではありませんよね。

日常生活の中で覚えていきますので、ママが生活リズムを整え毎日繰り返してあげることが必要になってきます。

新生児期から赤ちゃんの睡眠サイクルを正しくし、刺激やストレスを減らすことで夜泣きの頻度ぐっと減ってきます。

夜泣きの原因になる刺激とは

夜泣きが始まると言われる3ヶ月から1歳半は、日中にいろいろな刺激に触れる機会が多くなる時期でもあります。

外気に触れる、買い物で知らない人に会う、児童館などで他の子どもと会うなど、いろいろな体験をします。

赤ちゃんも大人と同じく、寝ている間に日中あったことを脳内で整理整頓しますが、赤ちゃんの場合その処理容量がまだ小さく、日中の刺激が多いと処理しきれずに泣き出してしまうのです。

小さいうちは一日のうちにあちこちと行きすぎず、適度な刺激が望ましいと言えます。

また、夜泣きをするとトントンしたり、おっぱいをあげたりすると思いますが、それも少なからず刺激となっています。

夜泣きをしている時はレム睡眠といって眠りが浅い状態で泣いているので、完全に覚醒してしまうような行為、例えば電気をつけたりすることはよくないようです。

ママが側にいることがわかると眠りについたりするので、月齢によってはあえて授乳はせずお腹を擦ったり、手をにぎるなどして安心させてみましょう。

生活リズムを整えるには

生活リズムを整えるには基本中の基本である、早寝早起きを心がけることです。

朝は6時から7時半までくらいには起こしてあげ、太陽の光を浴びることが良いでしょう。

昼寝は長くて1時間半程度、寝る時間は20時から21時が理想的です。

夜中にぐっすり寝られるように、散歩をしたり公園へ出かけたりして体を疲れさせることも大切ですね。

夜泣き対策は一朝一夕でできることではありませんので、毎日継続して行い安眠につなげていきましょう。

Cry Baby / valentinapowers

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。