2歳までおっぱいを飲むの?卒乳と断乳の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



birthday necklace latte

赤ちゃんが生まれて母乳育児を続けているママ。

限られた時間しかできない授乳に喜びを感じていると思いますが、いつまで授乳するのだろう?

そんな疑問を抱えているかもしれません。

一般的におっぱいを止める方法には2通りあり、「断乳」と「卒乳」に分けられます。

断乳と卒乳には違いがあり、止める方法も違っています。

今回は断乳と卒乳の違いや、それぞれのやめ方について紹介します。

・「断乳」と「卒乳」の違い

断乳

断乳とは日にちを決めて、その日を堺におっぱいを止めることを言います。

母乳を飲ませているママの多くは、1歳前後になると「そろそろおっぱいは止めないと」と考えたり、周囲からまだ授乳しているのかという声に焦り、断乳を考え始めるようです。

断乳は「乳を断つ」という言い方があまり好ましくないということで卒乳と言う場合が多いのですが、ここではわかりやすく「断乳」と書かせて頂きます。

おっぱいは何歳までにやめなければならないという期限はなく、2002年から母子手帳からも「断乳の有無」という項目が消えました。

卒乳

卒乳とは徐々におっぱいをあげる回数を減らしていき子どもが自然に飲まなくなることを言います。

WHOでは生後6ヶ月まで完全母乳育児を行い、その後は適切な食事を補いながら2歳かそれ以上まで母乳を続けることを推奨しています。

日本は以前まで生後9ヶ月頃から1歳頃には断乳の指導をしていましたが、母乳の心理学的な要素が重視され、1歳以降も母乳を継続する旨を厚生労働省が示しています。

赤ちゃんが生まれて1年すると母乳の栄養が薄くなってしまうと言われていましたが、そんなことはなく、1歳過ぎた子どもの健康にもとても良いそうです。

1歳から1歳半頃の授乳が子どもの心の成長と親子の絆にとても重要な役割を果たすことがわかってきて、1歳前に断乳した子どもより1歳半くらいまでおっぱいを飲んでいた子どもの方が、将来的に自立心が高くなることが多いそうです。

・断乳の進め方

断乳する時期

断乳する時期は、一般的には離乳食が完了して幼児食に移行する1歳半から2歳の間が目安とされいています。

ママの仕事や次の子どもの妊娠などで早める場合もありますし、ママと赤ちゃんの都合や、気持ち、体調を考えて最適な時期を選んでください。

断乳する前にすること

1.母乳以外の水分や栄養が摂れていますか?

断乳するということは、おっぱいから水分を摂れなくなるということです。

母乳以外で水分や栄養が取れることが断乳をする前提になりますので、哺乳瓶でミルクが飲めるか、離乳食が食べられるか、マグやコップで水分を取れるかなどを事前にチェックしましょう。

2.断乳計画を立てる

断乳は突然始めようと思ってできるものではありません。

根気のいることですし、母乳を止めない方が良い時期もあります。

真夏や真冬は細菌やウイルスが繁殖しやすいのでできるだけ避け、ママと赤ちゃんの心や体にゆとりが取れる3日間を断乳の日と決めます。

日程が決まれば、子どもに「もうすおっぱいとバイバイしようね」などの言葉をかけてあげてください。

3.本番!我慢が大事

断乳の日の朝は「最後のおっぱいだよ」と伝えながらたくさん飲ませてあげましょう。

そして、そこから我慢の3日間が始まります。

おっぱいが欲しくて赤ちゃんは泣きますが、かわいそうと思ってもおっぱいをあげるのは禁物です。

断乳したからといって分泌量が急に減るわけではないので、ママはおっぱいが張ってとても辛い時期ですが、痛みが和らぐ程度に搾乳しながら乗り切ってください。

3日おっぱいをあげなければ、ほとんどの赤ちゃんは忘れてしまいます。

4.もし断乳に失敗したら

断乳がスムーズに進むこともあれば、さまざまな理由で失敗してしまうこともあります。

その場合は、焦って短期間で挑戦するのではなく2ヶ月から3ヶ月空けて、新たな気持ちで挑戦してみてください。

5.断乳が成功したら

断乳が終わった頃、赤ちゃんは泣き疲れて、ママはほとんど寝れなくて疲れ果てることが多いです。

断乳を終えたら、まずゆっくりと休息を取りましょう。

おっぱいの分泌量は徐々に減ってきますが、乳腺炎を起こしやすいのでケアをしっかりしましょうね。

・卒乳の進め方

子どもの気持ちを尊重し、自分で止めたくなるまでおっぱいはあげようと卒乳を選ぶママは多くいます。

しかし2歳や3歳になってもおっぱいが好きだとママは不安になってくるようです。

そんな時は「おっぱいが出なくなったの」などと話してみたり、おっぱいを欲しがる時に違うことで気を引くなどして回数を減らしていくと良いですね。

水や麦茶などで水分を補うと母乳の間隔も空いていくので、卒乳させる方法の1つです。

あくまでも自然卒乳を目指すママや、さまざまな手を使っても卒乳できない場合、ママの負担がなければ自然に止めるまで付き合ってあげて欲しいと思います。

卒乳に決まりはなく、ママと子どもの大切な時間ですので2人が満足するまで続けることは素敵なことだと思います。

・断乳や卒乳は大きな成長

断乳や卒乳がスムーズにいくこともあれば、失敗を何度も繰り返すこともあります。

例え失敗してもママのせいでも赤ちゃんのせいでもありません。

2人ペースで進めていきましょう。

授乳は限られた時期にしかできなくて、子どもとの絆を深められる幸せな時間ですよね。

断乳や卒乳はママにとっても寂しいものですが、子どもにとっては大きな成長です。

断乳や卒乳ができた時にはたくさん褒めてあげてくださいね。

birthday necklace latte / various brennemans

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。