2016年 5月 の投稿一覧

数が増える前に受診しよう!水いぼのケア方法とは

1 month

伝染性軟属腫という病気を知っているでしょうか。

水いぼとと呼ばれ、伝染性軟属腫ウイルスが原因で起こる病気です。

1年中かかる病気ですが、プールで感染しやすいため夏に注意が必要です。

水いぼの数が増える前に治療したい皮膚炎ですので、症状を知っておくと安心ですね。

今回は伝染性軟属腫について紹介します。

続きを読む

よく見ると違う?おむつかぶれと皮膚カンジダ症の違い

Dean sleeping

カビの一種であるカンジダ菌が原因で、炎症を起こし皮膚病になることがあります。

カンジダ菌はどこにでもいる菌で、健康な人の皮膚や便にも見られるのですが、皮膚の抵抗力が弱い赤ちゃんは健康な時でも病気の原因になることがあるのです。

今回は皮膚カンジダ症という病気について紹介します。

続きを読む

全身に赤い水ぶくれが広がる!感染力が強いとびひの症状

Sweet, sleeping baby

赤ちゃんは体に湿疹がができても、かゆみを我慢することができずかき壊してしまうことが多いですね。

それによって、とびひ、正式には伝染性膿痂疹という皮膚の病気になってしまいます。

発症後全身に広がるスピードが速い様子が、火事の火の粉がとびひして火災が広がる様子に似ているためこの名称が付けられました。

赤い水ぶくれが全身に広がり、ひどいかゆみがあります。

今回はとびひについて紹介していきます。

続きを読む

シャワーで流すと治りが早い!おむつかぶれの対処法

diapered baby.

赤ちゃんは大人と比べて皮膚が薄く、少しの刺激でトラブルが起きてしまいます。

特に今回紹介するおむつかぶれは、悪化する前にしっかりとケアして、普段から肌の様子を知っておく必要があります。

ケア方法を知り、赤ちゃんのおむつ環境が悪くならないように気をつけたいですね。

続きを読む

あるはずの精巣がない?停留精巣がもたらす将来の問題

IMG_2184

男の赤ちゃんが、先天性の停留精巣という病気をもって生まれてくることがあります。

男の子の先天的な異常の中でも最も頻度が高い病気で、予定日に生まれた男の子100人のうち3人ぐらいにみられます。

早産の場合は頻度が高くなりますね。

新生児の時期に注意深く陰嚢に触れることで気付くことができるのですが、一般的には乳幼児健診で見つかることが多い病気です。

今回は停留精巣という病気について紹介します。

続きを読む

5%の赤ちゃんが鼠径ヘルニア!脱腸が起こる原因とは

Hands & Feet

赤ちゃんのうち1%から5%の割合で、鼠径ヘルニアという病気をもって生まれてきます。

あまり聞いたことがない言葉かもしれませんが、小児外科手術の中で最も多い症例です。

原因は先天性であり、いずれ手術になることが多い病気です。

今回は鼠径ヘルニアについて紹介します。

続きを読む

原因不明の高熱!まずは尿路感染症を疑うべき?

Sleeping baby

細菌が尿路に侵入して炎症を起こす病気があります。

尿路とは尿が作られて排出されるまでに通る、腎臓、尿管、膀胱、尿道の総称です。

尿路感染症のほとんどが、尿の出口である尿道口から大腸菌などの細菌が入り炎症を起こします。

今回は尿路感染症の症状とケア方法を紹介します。

続きを読む

黄色い粘り気のある鼻水が特徴!副鼻腔炎のケア方法とは

Take a step back, I am about to sneeze

ひどい鼻づまりと、黄色い膿のような鼻汁が特徴の副鼻腔炎。

鼻づまりがひどいと赤ちゃんはおっぱいが飲めなくなってしまいます。

副鼻腔炎の原因としてはウイルスや細菌であり、放っておくと慢性化することがあるので、しっかり治療する必要があります。

今回は副鼻腔炎の症状とケア方法を紹介します。

続きを読む

風邪と見分けにくい?アレルギー性鼻炎の三大症状と は

Baby Sneeze II

ハウスダストやカビ、動物などが原因でアレルギー性鼻炎にかかる赤ちゃんがいます。

3歳位からは花粉も原因となることがありますね。

原因によって発症する時期は異なりますが、花粉が飛ぶ季節や季節の変わり目に症状が見られることが多いです。

今回は鼻水と鼻のかゆみが強くみられる、アレルギー性鼻炎について紹介します。

続きを読む