2016年 5月 の投稿一覧

つばを飲むのさえ痛い!喉の奥が赤く腫れる病気

Joy

アデノウイルスや溶蓮菌などが原因で、急性咽頭炎や急性扁桃炎という病気にかかることがあります。

どちらの病気も1年中かかる可能性があり、喉の奥が赤く炎症を起こします。

今回は急性咽頭炎と急性扁桃炎について紹介します。

続きを読む

2歳以下は要注意!急変しやすい細気管支炎とは

children 3

呼吸器系の病気にかかると、咳で寝られず体力を消耗することが多く、子どもはぐったりとすることが多いですね。

細気管支炎と言い、2歳以下の赤ちゃんがかかることが多い病気があります。

小さな体で咳き込み、悪化することが多いため早めの受診が必要になります。

今回は細気管支炎について紹介します。

続きを読む

成人までに7割が改善?気管支喘息と診断される年齢

Child

気管支喘息と言って、アレルギーによる呼吸困難の発作を起こす病気があります。

家族がアレルギーを持っている場合それが遺伝した体質であったり、ハウスダスト、ダニなどに反応するアレルギー反応で起こる病気です。

季節の変わり目にかかりやすい病気なので、症状をしっかり見極められるようにしておくと良いと思います。

続きを読む

ぜんそくと間違えやすい?気管支炎の症状の特徴

Child

風邪をこじらせ、気管支炎という呼吸器の病気にかかることがあります。

1年中かかる可能性がある病気で、原因はウイルスや細菌です。

今回は急性気管支炎とぜんそく様気管支炎の症状を紹介し、自宅でのケア方法を紹介します。

続きを読む

重症化することがある肺炎は?3つの肺炎の症状

Howl

咳がひどく、高熱を出すことがある肺炎。

原因は、ウイルスや細菌、マイコプラズマという微生物などで、1年中感染する可能性がある病気です。

重症化することがあるため、気をつけなければなりませんね。

今回は肺炎の症状とケア方法について紹介します。

続きを読む

高熱や頭痛を繰り返す!髄膜炎の症状とケア方法

Cry Baby

高熱や頭痛、嘔吐を繰り返す髄膜炎という病気があります。

ウイルスや細菌が原因で、1年中感染する可能性があります。

髄膜炎には2種類あり、ウイルス性髄膜炎と細菌性髄膜炎があります。

今回は髄膜炎の症状とケア方法を紹介します。

続きを読む

爪を短く切ろう!水ぼうそうにかかった時の対処法

J wonders why flies would make someone cry

水ぼうそうという病気をご存知のママは多いのではないでしょうか。

強いかゆみを伴う湿疹が全身に現れ、1年中かかる可能性がある病気です。

原因となるウイルスは、水痘帯状疱疹ウイルスです。

今回は水ぼうそう、別名「水痘」と呼ばれる病気の症状とケア方法を紹介します。

続きを読む

耳の下が腫れる?強い痛みがあるおたふくかぜとは

Baby Seth

大人が感染すると症状が悪化しやすいと言われるおたふくかぜ。

子どもがかかっても、強い痛みと合併症に気をつける必要がある病気です。

ムンプスウイルスが原因で、主に春に感染しやすいという特徴があります。

今回はおたふくの症状とケア方法について紹介します。 続きを読む

全身に赤い湿疹?はしかと三日ばしかの違いとは

Cry Baby.

1年を通して子どもがかかりやすい、風疹という病気があります。

1年の中でも、特に春から初夏に流行しやすく風疹ウイルスによって感染します。

はしかと一緒に予防できる、MRという予防接種を受けることで病気を回避することができますよ。

今回は風疹にかかった時のケア方法を紹介します。

続きを読む

風邪と勘違いしやすい?はしかの症状とケア方法

Crying

はしかという病気を聞いたことがあるママは多いと思います。

麻疹とも呼ばれるこの病気は、麻疹ウイルスが原因で起こり、1年中感染する恐れがあります。

MRという定期の予防接種を受けると予防できるのですが、2度受けなければならず、2回目の予防接種前に感染する可能性があるので注意が必要ですね。

続きを読む