2016年 8月 の投稿一覧

排卵期に出血が起こるのはなぜ?2つの理由と妊娠の可能性

14

前回の生理と次に起こる生理のちょうど間くらいに起こるのが排卵で、この排卵期には出血を伴うことがあります。

妊娠を望んでいる女性にとって排卵はとても大切なことであり、出血があると妊娠できないのではないかと不安になっている人もいるかもしれません。

排卵期に起こる出血を排卵出血と呼びますが、排卵のたびに出血が起きるわけではありません。

今回は排卵期の出血について紹介します。

続きを読む

人から人にうつる?細菌性胃腸炎の症状と予防方法

Who knew?

子どもが重症化しやすい病気の1つに、細菌性胃腸炎があります。

サルモネラ菌や腸炎ビブリオ、ブドウ球菌などの細菌が原因で胃腸炎になります。

これらの菌は夏場に増殖するため注意が必要です。

今回は細菌性胃腸炎について紹介します。

続きを読む

爪噛みがママのストレスに?怒らないでできる治し方

hold my hand

癖のように爪を噛んでしまう子どがいると思います。

ぼーっとしている時やテレビを見ている時など、無意識に噛んでいることが多いですよね。

爪噛みの主な原因はストレスと言われています。

しかし、ママが自分を攻める必要はありません。

今回は爪噛みの治し方について紹介していきます。

続きを読む

いつ、何を買ったら良い?出産準備はいつから始める?

Maternity

妊娠がわかると、ベビーグッツを見てドキドキ、ワクワクしますよね。

生まれてくる赤ちゃんのために、良い素材のもの、使いやすいさなどをよく検討して購入していきます。

しかし出産準備ばかり早くしてしまっても、まだまだ必要ないものがあったり、季節が違い過ぎて売っていないこともあります。

今回は出産準備をいつから始めると良いかを紹介します。

続きを読む

新生児期に必要なお手入れ!おへその消毒はいつまでする?

Cutting the Cord 04661.jpg

お腹の赤ちゃんとママを繋ぐ大切な役割を果たしていたへその緒は、長さは約50㎝、太さは直径1㎝から1.5㎝ありました。

へその緒を通して赤ちゃんは、ママから栄養や酸素をもらって成長していたのです。

ママのお腹から出てくるとへその緒の役目も終了し、クランプという器具で挟んで3㎝くらいの長さに切断されます。

その後は細菌感染を防ぐために消毒され、ガーゼなどで保護されます。

そして毎日の沐浴やおむつ替えの際、おへその消毒が始まるのです。

今回はママと赤ちゃんを繋ぐへその緒の消毒のついて紹介します。

続きを読む

赤ちゃんが生まれる前に用意しよう!ベビースペースの作り方

IMG_2123

赤ちゃんが生まれる前に用意する必要があるのはベビーグッツですよね。

「物」と同時に用意しなければならないのが、赤ちゃんが快適で安全に過ごせる「場所」です。

赤ちゃんとの生活は、今までのライフスタイルがガラリと変わるきっかけでもあります。

ママやパパがお世話しやすく、赤ちゃんがゆったりと過ごせる環境づくりをしてあげましょう。

今回はベビースペースの作り方を紹介します。

続きを読む

妊娠12週までは要注意!妊娠初期の流産の兆候とは

Sleep

妊娠中は見えない赤ちゃんをお腹の上で感じ、「元気の育っているのだろうか」と誰でも不安になりますよね。

しかし残念なことに、妊娠中に流産してしまう女性は少なくありません。

流産は決して珍しいことではないのですが、デリケートな問題なので話題に上がることが少なく流産が珍しいことのように感じてしまうのですね。

今回は流産の兆候につてい紹介します。

続きを読む

切迫早産でも入院しなくて良い?自宅安静で注意するポイント

me taken by ismail(my husband)

切迫早産と病院で診断された場合、必ずしも入院になるわけではありません。

症状によっては最初から自宅安静する場合と、1度入院しその後自宅安静になることもあります。

また、自宅安静になっても人によってできることが限られているので、必ず医師と相談しなければなりません。

今回は自宅安静になった時、生活の中で気をつけるポイントを紹介します。

続きを読む

流産が起こる確率は?妊娠週数や年齢で違うの?

Fall

妊娠はとても嬉しいことですが、それと同時に赤ちゃんが元気に育っているのかと不安になる気持ちもあると思います。

妊娠に気付いた頃は妊娠初期の流産に気をつけなければなりません。

しかし流産は、気を付けても防げないことがあります。

今回は流産の確率について紹介します。

続きを読む

鮮血が出るのはなぜ?着床出血のしくみと生理との違い

Day 11

着床出血とは受精卵が子宮内膜に着床する際、内膜が少し傷付くことで起きる出血のことです。

しかし着床出血と生理の違いを見分けるのはとても難しいと言われています。

生理だと思っていた出血が、いつもと違い鮮血が出たとしたら病気を疑ってしまうこともあるかもしれませんね。

今回は着床出血と生理の違いを紹介します。

続きを読む