2016年 8月 の投稿一覧

ほくろがかゆいのはなぜ?メラノーマを見分ける症状とは

Post-cry baby

赤ちゃんは生まれつきほくろがありません。

もし皮膚に黒いほくろのようなものが合った場合は、先天性色素性母斑といいます。

ほくろがあると将来的にガンを発症してしまうのではないかと不安になると思いますが、皮膚がんになる色素母斑は少数です。

今回はメラノーマの症状と見分ける方法を紹介します。

続きを読む

着床出血は痛みあり?下腹部が痛む生理痛との違いとは

day 045.

着床出血が起こる人の中で、着床痛といい腹部に痛みを感じる人もいるようです。

着床痛自体に医学的根拠はなく、妊娠した人が着床した時期を振り返って痛みを感じた経験を元に生まれた症状です。

しかし少なからず着床痛を感じている人はいます。

今回は着床痛について紹介します。

続きを読む

2歳過ぎても授乳して良い?卒乳を迎える目安の時期とは

バイバイ

母乳やミルクだけで栄養を摂るのは、5ヶ月から6ヶ月までです。

それ以降は、母乳やミルクと平行して離乳食を食べ、栄養の中心が離乳食になっていきます。

それがいずれ食べ物だけを食べるようになり、卒乳を迎えるのです。

しかし授乳は親子の幸せな時間で、2歳を過ぎても授乳しているママもいますよね。

いつまで授乳して良いんだろう、卒乳する時期ってあるの、と不安になるかもしれません。

今回は卒乳の時期について紹介します。

続きを読む

気づかないうちに細菌が体内の奥へ!尿路感染症の症状とは

Lounging 03

風邪と同じく、乳幼児がかかりやすい病気の1つに尿路感染症があります。

尿路感染症と聞くと耳馴染みがないかもしれませんが、膀胱炎も尿路感染症の1つです。

尿道の短い女の子の方が感染しやすいのですが、0歳から2歳の乳幼児であれば男の子もかかる可能性がある病気です。

今回は尿路感染症の症状について紹介します。

続きを読む

いつまで続くの?産後の尿漏れがひどい時は受診するべき?

LisaEurope 004

出産後間もなく、くしゃみをすると尿漏れすることがあります。

出産前は全くなかったので、恥ずかしくて病院へ行くのもためらうママがいるようです。

時には我慢ができずにおねしょをしてしまったり、排泄が近くなり外出が億劫になることもあります。

今回は出産後の尿漏れについて紹介します。

続きを読む

おしゃぶりはいつから使える?いつまでに止めるべき?

Bendito chupón / Blessed pacifier

おしゃぶりは、ママのおっぱいに代わる精神安定剤の役割を果たします。

外出先で泣き止まない赤ちゃんに加えさせることで、おっぱいを飲んだ時のように泣き止んでくれるのです。

しかし、おしゃぶりを加えさせることによる歯並びや噛みあわせの問題により加えさせないようにしているママがいます。

今回はおしゃぶりはいつから使うことができて、いつまでに止めなければならないかを紹介します。

続きを読む

メーカーによって呼び方が違う?カバーオールの特徴

Clothing deals

新生児期を過ぎ赤ちゃんの動きが活発になってくる頃、今まで着ていたベビー服では動きを妨げてしまうことがあります。

足をよくバタバタさせるようになるので、足の動きがスムーズになるベビー服を選んであげたいですよね。

今回は3ヶ月頃から着る、カバーオールについて紹介していきます。

続きを読む

妊娠や出産で虫歯が増えた?虫歯の原因と予防法

Toothbrushes, scissors, ponytails

今まで虫歯がなかったのに、妊娠中や出産後に虫歯に悩まされるママが多くいます。

妊娠中はつわりで十分に歯を磨けないというママが多いので虫歯になるのもわかる気がしますが、出産と虫歯には関係があるのでしょうか。

今回は妊娠中や出産後の虫歯について紹介します。

続きを読む

体の変化に対応!マタニティインナーの選び方は

IMG_6060 edit

妊娠がわかると必要になるマタニティインナーですが、締め付けがなく妊娠初期の体の変化やつわりなどの時期から役立ちます。

しかし、妊娠初期から必要なことはわかったけれど、どんなものを買ったら良いのか、どれくらい必要なのかわからないこともあると思います。

今回はマタニティインナーの選び方を紹介します。

続きを読む

突然の高熱!解熱後に発疹?赤ちゃん特有の病気

Baby

多くの赤ちゃんが経験する病気の1つに、突発性発疹という病気があります。

突然の発熱があり、解熱後に発疹が現れます。

ヒトヘルペスウイルス6型または7型が原因で感染し、1度感染すると免疫が作られるため再度感染することはありません。

今回は、生後6ヶ月から1歳未満にかかりやすい、突発性発疹という感染症の病気について紹介します。 続きを読む