2016年 10月 の投稿一覧

はしかの症状は重い?予防接種で合併症を防ごう

SAKURAKO visit to patient in Sapporo City General Hospital.

はしかという感染症を聞いたことがあると思います。

大人は1度は感染した経験、または予防接種を受けた方が多いのではないでしょうか。

しっかり予防接種を受ければ防ぐことができるのですが、感染すると重症化しやすく入院が必要になることもあります。

今回ははしかの症状と予防接種について紹介します。

続きを読む

戌の日の計算方法とは?服装や腹帯はどうするの?

水天宮 神社

妊娠すると、今まで知らなかったさまざまな行事やしきたりを知るきっかけもなりますね。

最初に訪れる行事としては、妊娠5ヶ月の最初の戌の日に行われる「安産祈願」や「帯祝い」です。

戌の日のお祝いとは、どのように行うのでしょうか。

今回は戌の日について紹介します。

続きを読む

育児休業給付金を計算してみよう!もらえる条件と申請方法

通帳繰越

仕事を辞めずに育休をもらっているママには、家計をサポートする育児休業給付金という制度があります。

産後に申請することで、仕事を休んでいる間の給料の一部が支払われる仕組みです。

知らないと損してしまう制度なので、妊娠中にしっかりと確認しておきましょう。

続きを読む

葉酸の効果と妊娠前から摂取が必要な理由とは

g16

妊娠はママが体に変化を感じない時から始まっており、その期間に大きな成長をしています。

そのため、妊娠前から健康な体づくりや規則的な生活をする必要があるのです。

また、妊娠前からの十分な栄養を摂っていることはとても重要です。

特に妊娠中必要な栄養素として有名なのは、「葉酸」と呼ばれる水溶性のビタミンです。

今回は葉酸の効果について紹介します。

続きを読む

おたふく風邪の症状とは?予防接種で合併症を防ごう

My world is broken

おたふく風邪は耳の下が痛み、熱が出るというイメージがあると思います。

子どもがかかると比較的軽く済むことが多いのですが、大人は重症化しやすいという特徴があります。

おたふく風邪は予防接種で防ぐことが可能な感染症です。

今回はおたふく風邪の症状や予防接種について紹介します。

続きを読む

妊娠中にインフルエンザにかかったら?赤ちゃんへの影響は?

sneezy

乾燥する季節が近付いてきて、インフルエンザや風邪に気をつけなければなりません。

妊娠中は免疫力が低下しがちで、風邪やインフルエンザにかかりやすい状態です。

妊娠中にかかってしまったら、風邪薬の服用など気になることもありますので、予防をしっかりする必要があります。

今回は妊娠中にインフルエンザにかかった時の影響について紹介します。

続きを読む

子宮筋腫の手術後でも妊娠は可能?出産で抱えるリスクとは

onelife

子宮のトラブルの1つである子宮筋腫が見つかり手術が必要になった時、女性が気になるのは「妊娠はできるのか」ということだと思います。

子宮筋腫は女性に起こりやすい病気ですが、悪性に変化することはほとんどありません。

症状によって治療にかかる期間や治療法は異なりますが、しっかり治療しないと生理不順や不妊の原因になってしまいます。

今回は子宮筋腫の術後の妊娠について紹介します。

続きを読む

生後5ヶ月の授乳間隔はどれくらい?間隔があかない理由とは

Nursing

母乳やミルクで栄養を摂っていた赤ちゃんは、生後5ヶ月くらいになると離乳食が始まり固形物から栄養を摂るようになりますね。

母乳やミルクをあげている時間は、赤ちゃんとのスキンシップになり幸せなひとときだと思います。

しかし「いつまで母乳やミルクをあげたらいいの?」と悩むママは多いようです。

今回は生後5ヶ月の母乳やミルクの授乳間隔について紹介します。

続きを読む

生後5ヶ月で体重が増えない時と増えすぎた時の原因と対策

DSC_7813 Photo by Al van Akker

生後1ヶ月の赤ちゃんは1日に約30g程度体重が増え、生まれた時に比べると1kg程度増加しているのが理想とされています。

その後3ヶ月になると生まれた時の体重の約2倍の体重になりますね。

生後5ヶ月になるとスローペースで増加していきますが、今までと比べて増加が少ないため心配になるママもいるのではないでしょうか。

今回は生後5ヶ月の体重と、体重が増えない原因や増えすぎる原因について紹介します。

続きを読む

切迫早産で退院できる目安とは?退院後の生活の注意点

Baby In Shopping Bag

切迫早産は正産期に入る前に早産しそうな状態をいいます。

切迫早産と診断されて不安を抱えているママも多いのではないでしょうか。

切迫早産は自宅で安静にする場合と、入院して絶対安静になる場合があります。

今回は入院した場合の、入院期間や退院の目安について紹介します。 続きを読む