2016年 10月 の投稿一覧

ベビーベッドが必要なのはいつまで?メリットとデメリットを比較

First night in the crib

生まれたばかりの赤ちゃんは1日のほとんどを寝て過ごします。

赤ちゃんが健康に成長するためも良い睡眠を取ることは大切ですから、赤ちゃんが気持ちよく寝ることができるスペースが必要になってきます。

赤ちゃん用にベビーベッドを購入するかどうか悩む人も多いのではないでしょうか。

添い寝だけで大丈夫だったというママも多いため、そもそもベビーベッドが本当に必要なものかわからない人も多いですよね。

赤ちゃんにとってもママにとってもベビーベッドを使用することによるメリットはたくさんあり、ベビーベッドを使っているママからも買ってよかったという声が多いのです。

今回はベビーベッドを使うことによるメリットをいくつか紹介します。

続きを読む

つわりの原因と時期はいつからいつまで?ピークはいつ?

(64/365) Really really really ow...

つわりは妊娠初期に現れる症状の1つです。

つわりがあって妊娠に気づく人もいるので、それほど初期に起き、多くの人が経験します。

症状や期間には個人差がありますので、自分にあった対処法を見つけていかなければなりません。

今回はつわりの時期について紹介します。

続きを読む

着床する時期はいつ?着床痛ってどんな症状なの?

DSC_0096_pp

妊娠したかどうかを判断するためにも、着床時期や着床痛といった症状は気になりますよね。

着床は生理の時期と近く、体の変化を妊娠ではなく風邪やPMS(月経前症候群)と勘違いしてしまうことがあります。

妊娠している可能性がある場合には、薬の服用や食べ物にも気を使わなければならないので注意が必要です。

今回は着床について紹介します。

続きを読む

陣痛が10分間隔になったら連絡!兆候や痛みを確認しよう

Surprise

陣痛ってどんな痛みがやってくるのか、考えただけでも不安になりますよね。

わかりやすい痛みがあるママもいますが、そもそもお産の始まりに気づかないのではないかと心配になると思います。

陣痛が始まった時に慌てないために、正しい知識を身に付けておきましょう。

続きを読む

破水と尿漏れが似ていて気づかない?見分け方は色をチェック?

Faking Surprise!

お産の始まりには2つのパターンがあり、陣痛から始まるパターンと破水から始まるパターンがあります。

破水は羊水が流れ出てきてしまうので、赤ちゃんのことが心配になりますよね。

大量に出てくると気づきやすいのですが、中には尿漏れと勘違いするくらい少量ずつ出てくることもあり、出かたには個人差が大きく気づかないママもいるようです。

今回は、破水が起きた時や、もしかして破水かな?と思った時の対応について紹介します。

続きを読む

化学流産は基礎体温に変化はあるの?生理と比較してみよう

froggycuddle

化学流産は遅めにくる生理として認識されるためほとんど違いがなく、見分けるのが困難です。

化学流産といいますが、医学的に妊娠が成立する前に起こることなので自覚症状がないことも多く、後遺症もありません。

しかし妊娠検査薬を使う以外に、唯一化学流産の可能性を感じられることは基礎体温ではないでしょうか。

今回は化学流産の時の基礎体温の変化を紹介します。

続きを読む

化学流産はいつまで起こる?安心できるのは妊娠何週目?

This Photo is Brought to You By the Number Five

化学流産は、受精卵が着床できなかったり着床しても胎嚢ができあがる前に妊娠が終わってしまうことをいいますよね。

生理と一緒に受精卵は体外へ排出されるため、気づかない人も多くいますが、中には出血や腹痛などの兆候により気づく人もいるようです。

受精したのだからできれば妊娠に繋げたいと思いますが、化学流産が起こるのは受精卵の異常が原因なので、予防したり、化学流産を食い止めることはできないとされています。

では、いつまで化学流産の心配があるのでしょうか。

続きを読む

化学流産の前触れは出血や腹痛?生理との違いはどこ?

Boy in the grass

化学流産とは、受精卵が着床できなかった場合や、着床できても胎嚢が確認できる前に胎児の成長が止まってしまった時のことをいいます。

つまり妊娠しかけていたのに、途中で妊娠が終わってしまうため「流産」という名前が付けられています。

ほとんどの人は化学流産に気づかずに過ごしますが、中には通常の生理とは違う出血や腹痛を感じる人もいるようですね。

今回は化学流産の症状について紹介します。

続きを読む

黄疸はいつまで続く?退院後に気をつけたいチェックポイント

Kai and Jess

赤ちゃんが生まれれると、約9割の赤ちゃんが黄疸を発症します。

黄疸が起こる原因は、生理的なものなので心配する必要はありませんし、もちろん医師からもそう伝えられるでしょう。

しかし顔色や白目が黄色くなるため、いつまで続くのだろうと不安になるかもしれませんね。

今回は黄疸がいつまで続くのかを紹介します。

続きを読む

正常な黄疸のビリルビン値とは?治療が必要な値の境界線

Day 3

赤ちゃんは生まれてから退院まで、健康状態を調べるためにさまざまな検査をします。

その検査の中には、ビリルビン値測定があり、高ビリルビン血症という病気を診断する目的で行われる検査です。

ビリルビンという言葉を聞くと、なんだか重大な病気なのではないかと心配になりますよね。

今回は新生児に起こる高ビリルビン血症について紹介します。

続きを読む