2016年 10月 の投稿一覧

黄疸が原因で目の色が変わる?新生児に起こる黄疸の症状とは

003

赤ちゃんが無事に生まれてホッとしているのも束の間、赤ちゃんの肌が黄色くなり驚いたことでしょう。

これを黄疸と言って、生理的な現象で多くの赤ちゃんに起こることがあるのです。

肌だけではなく目も黄色くなり、初めてのママは不安になるかもしれませんね。

今回は黄疸の症状について紹介します。

続きを読む

着床出血後の検査は陰性!陽性に変わる可能性はある?

beautiful faces

着床出血があると妊娠への期待が高まりますよね。

着床出血とは受精卵が子宮内膜に根を張って着床しようとする時、子宮の壁が少しだけ傷つくことで起こる出血です。

着床出血がある人もいれば、まったくない人もいるのです。

着床出血があれば、妊娠していることを確信したいので妊娠検査薬を使って検査する人もたくさんいると思います。

しかし、妊娠検査薬を早く使ってしまうことで陰性を示してしまうこともあるのです。

今回は着床出血後に妊娠検査薬を使う、適切な時期について紹介します。

続きを読む

生理予定日後の着床出血はありえる?それとも別に原因が?

I Died So I Could Haunt You

女性の体はとても敏感で、妊娠検査薬などでもまだわからない段階で妊娠になんとなく気づくことが多いと聞きます。

妊娠によってホルモンバランスが変わるため、なんとなく体の状態がいつもと違い、センサーが作動するようにわずかな変化を読み取るようですね。

妊娠すると最初に起こる症状として知られているのが、着床出血です。

着床出血は妊娠超初期症状の1つで、妊娠に気付くきっかけにもなる現象なのです。

今回は着床出血がくる時期について紹介します。

続きを読む

妊娠検査薬はちょっと我慢!化学流産を避ける方法とは

Dos rayitas

妊娠がわかり嬉しい半面、体調の変化やつわりの不安など気になることが沢山出てくると思います。

その中でも一番不安に感じることは、流産ではないでしょうか。

流産の中にも種類があり、よく耳にする切迫流産の他、稽留流産、進行流産、不全流産、完全流産、化学流産の6種類です。

今回は妊娠が確定する前に赤ちゃんがお腹からいなくなってしまう化学流産をご紹介します。

続きを読む

化学流産は「流産」と言わない?妊娠5週の壁

girl

流産は6つの種類に分けられ、妊娠が確定する前に起こる流産を「化学流産」と言います。

とても早い段階で流産してしまうのがこの化学流産であり、受精卵が着床するかしないかで起きてしまうのです。

妊娠を望んでいたパパやママは、流産と聞いて落ち込むかもしれませんね。

流産したら次の妊娠はどうなるのかと思うかもしれません。

今回は、繰り返される化学流産やその後の妊娠について紹介していきます。

続きを読む

化学流産でも供養する?お腹に宿った命に感謝

Sad Eyes

化学流産を経験したことがあるママは多いのではないでしょうか。

流産は80%が染色体異常で起こると言われており、その内の15%が化学流産といい受精卵が子宮内膜に長く着床せず流産が起きてしまいます。

これはママに原因があるのではなく、ほとんどが受精卵の染色体異常で起こります。

しかし、化学流産を繰り返すママもいるでしょうし、繰り返すことで精神的にも負担がかかりますよね。

今回は化学流産を繰り返す原因や掻爬手術、供養について紹介します。

続きを読む

これって着床出血?1週間以上続く出血はやっぱり生理?

Sophia Angel

生理が来たと思っていたら、のちのち妊娠が判明したという女性もいるのではないでしょうか。

妊娠初期症状の1つである着床出血が生理とよく似ていることと、全妊婦の約2%にしか起こらない珍しい出血のため、生理として見逃してしまうことがあるのです。

通常は2日から3日で出血が治まるので生理との違いに気づけるのですが、1周間以上続くこともあり見分けるのが難しいですね。

今回は着床出血が長く続く原因を紹介します。

続きを読む

量が多い着床出血はあるの?生理並みの出血が起こる原因とは

LDN

妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンといったホルモンが分泌されることで、次の生理が止まり妊娠が継続するようになっています。

しかし着床が起こる頃に生理並みの出血が起きて、早めに生理がきたと勘違いすることもあるようです。

着床出血と生理とは全然違うものなのですが、出血量が多いと区別しずらいですよね。

今回は着床出血が生理並みの量や期間続く場合の原因について紹介します。

続きを読む

産後うつのチェックリスト!出産前に知っておきたい原因と症状

20/52

出産後に育児に追われ、寝不足が続いたり、家事がまともにできない日々が続きますよね。

赤ちゃんのお世話も初めてで、失敗の連続だったり、うまくいかないことだらけで悩むことも多いはずです。

誰かに相談したり協力してくれる人が近くにいると良いのですが、パパが協力的ではなかったり、実家が遠いなどの理由から育児のストレスを1人で考え込んでしまうママがいるようです。

最近、産後うつという病気を発症するママが多くなってきました。

今回は産後うつの症状や、自分が産後うつかどうかをチェックするポイントをまとめました。

続きを読む

逆子を直す方法は?ポイントは子宮を緊張させないこと!

Walking

エコーで赤ちゃんを見てみると、逆子で驚いたことはありませんか?

赤ちゃんが逆子になってしまうケースは意外と多いのですが、その多くが自然と直ることが多いのです。

しかし、「このままでは帝王切開になってしまう」という不安もありますよね。

逆子になる原因がはっきりとわかっていないため、絶対直る方法があるわけではありませんし、産院によっても方針は様々ですが、おすすめの過ごし方として参考にしてください。

続きを読む