どうしてミルクを吐き戻すの?胃食道逆流症とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



melun kapellimestari

ミルクを飲んだ赤ちゃんがよく吐いたりすることがあります。

通常は飲み込んだミルクは、食道と胃のつなぎ目である噴門部にある下部食道括約筋という筋肉によって食道に逆流しないようになっています。

逆流しないよう防止されていますが、これが機能しなくなると胃に入ったミルクが食道に逆流します。

これを胃食道逆流現象といい、それに伴い症状が出ると胃食道逆流症と言います。

今回は赤ちゃんに起きる胃食道逆流現象について紹介します。

・赤ちゃんがミルクを吐き戻しやすい理由

生後2ヶ月までの赤ちゃんは食道括約筋の働きがまだ未熟なので、生理的に逆流が起きやすくなっています。

ミルクをダラダラ吐く場合は噴門弛緩症、噴水のように吐き出す場合は肥厚性幽門狭窄症と言い、胃の入り口や出口の筋肉が未発達のために起こります。

胃食道逆流症やこれらの逆流を放置してしまうと、赤ちゃんの健康や発達に影響を及ぼすため気をつけましょう。

・胃食道逆流症の症状

赤ちゃんは逆流を防止する機能が未発達のため逆流が見られますが、1歳半を過ぎても逆流が続く場合は胃食道逆流症と診断されることが多いです。

子どもが胃食道逆流症になった場合、過度の嘔吐や吐出があります。

そのため体重が増えなかったり、貧血になったり、風邪を引きやすくなります。

逆流した胃酸が器官に入ってしまうことで、喘鳴や咳が長引いたり、発作が起きます。

また胃酸の刺激で心拍に影響をもたらし、呼吸停止や肺炎になることもあるのです。

・治療法

粘度を高くしたミルクを数回に分けて飲ませ、ミルクからの栄養を摂れるようにします。

ミルクを飲ませた後はすぐに横にせず、しばらく抱っこしてゲップや排便、排ガスを促します。

離乳食などの食事は刺激物を含まないよう注意し、胃酸の分泌を抑え食道の粘膜を保護したり胃に残っている内容物を十二指腸へ流すため薬を飲んで治療していきます。

1歳半までは逆流を防止する機能が未発達のため手術など大きな治療はしませんが、噴門形成術という手術を行い、逆流を防ぐ仕組みを人工的に作ることもあります。

症状がひどくなると健康や成長に悪影響を及ぼすため、治療法は医師と相談していくと良いですね。

melun kapellimestari / ansik

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。