熱があるけど元気?病院に連れて行くタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Going to the hospital with Scott

子どもはよく熱を出します。

ぐったりしていると病院へ連れて行こうと判断しやすいですが、熱があっても元気な子どももいて、どのタイミングで病院に連れて行くべきか迷うかもしれません。

子どもが熱を出しても様子を見て良い場合と、受診が必要な場合を知り適切な対応ができるようにしておくと良いと思います。

今回は子どもの発熱について紹介します。

・発熱しても自宅安静する場合

熱があっても食欲があり、機嫌も良く元気もあるようならあまり心配はいりません。

周りに風邪を引いている人がいる時は、それが移ったと考えて良いと思います。

実際、子どもの発熱で最も多いのはウイルスによる感染症です。

子どもが熱を出しても、鼻水や軽い咳程度なら慌てて病院へいかず、1日から2日様子を見ましょう。

家で安静にして過ごすようにし、水分を十分に与えるようにしましょうね。

軽い感染症では病院へ行っても特別な手当のしようがないのです。

・発熱して受診が必要な場合

気をつけたい発熱は、6ヶ月未満の赤ちゃんが熱を出した場合です。

症状が熱だけでも急に容態が悪くなることがあるので、発熱に気付いたら早目に受診しましょう。

また、6ヶ月未満の赤ちゃんは体の具合が悪くても発熱というサインを示してくれないことがあります。

食欲がない、不機嫌で泣いてばかりいる、小鼻をピクピクさせて呼吸が苦しそう、ぐったりしていて顔色が青ざめているなど、いつもと様子が違う時は早目に受診しましょう。

肺炎などが考えられます。

6ヶ月以上の赤ちゃんや幼児に熱がある時、微熱なら心配いりません。

38℃以上の高熱がある時は、熱が何日続いているのか、他にどんな症状があるのかをよく観察してください。

高熱の他、下痢や嘔吐、腹痛、発疹、耳垂れなどがあった場合、熱だけでも極端に元気がなかったり食欲がない場合は病院を受診すると良いですね。

急に熱が上がると痙攣を起こす子どもがいます。

数分程度で終わって痙攣を繰り返さなければ、しばらく様子をみて落ち着いてから診察を受けましょう。

熱を出すたびに痙攣を起こす子どもは、医師の指示を受けて解熱剤を使うなどの対策をします。

・緊急で受診が必要な場合

顔色が悪く、非常に不機嫌で、下痢や嘔吐を繰り返しぐったりしている、意識がぼんやりしている、小鼻をピクピクさせて呼吸が早いといった時は肺炎や脱水症の心配があります。

急いで病院へ連れて行きましょう。

Going to the hospital with Scott / Marc van der Chijs

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。