花粉症を発症?子どもと大人では症状が違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



SAKURAKO wears a protective mask.

少しずつ暖かくなり、花粉が気になる季節になってきましたね。

花粉症は大人が発症すると思われがちですが、子どもが発症することもあり年々増えてきています。

症状がうまく伝えられず見落としやすいこともあり、子どもの花粉症に気付かないことも多いようです。

今回は子どもと大人の花粉症の違いについて紹介します。

・子どもの花粉症にみられる症状

花粉症と言えばくしゃみや鼻水、目のかゆみが主な症状ですよね。

子どもの場合はくしゃみがあまり出ず、鼻づまりが多い傾向にあります。

子どもの鼻は小さいのでつまりやすく、鼻がつまると花粉が鼻に入ってこないのでくしゃみが出ないようです。

しかし鼻づまりをしているかは見分けにくく、他の症状や呼吸で判断する必要があります。

鼻がつまり息がしずらくなると自然と口呼吸になりますので、口を開けて呼吸をしているかどうか注意してみる必要があります。

口呼吸をすることで食事や薬などが飲みにくくなることもあるので、呼吸方法と合わせてチェックしましょう。

・花粉症の鼻水の特徴

大人の花粉症の鼻水はサラサラで水のようなものが出ますが、子どもは粘着力がある鼻水が出ます。

大人と子どもの鼻水に違いがあるのは、くしゃみが出るか鼻づまりをするかの違いによるものと考えられています。

粘着力のある鼻水は風邪の症状と似ていて見分けがつきにくいことがありますので、他の症状をチェックしながら花粉症を疑ってみましょう。

・わかりやすい花粉症の症状

子どもの花粉症は目の症状を発症することがあ多く、頻繁に目の周辺をこすったり、充血したり目の周りがむくむことがあります。

鼻がムズムズするので、こすったりかいたり、鼻をピクピクしたり、口をモグモグして鼻や口のまわりをしかめることも花粉症のサインと言えます。

鼻をいじりすぎて鼻血を出すこともあるので、判断しやすい症状かもしれません。


SAKURAKO wears a protective mask. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。