息が止まってる?いびきに隠されている病気とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



baby bryce

赤ちゃんが眠っている姿を見るのは、本当に癒される瞬間ですよね。

しかし、眠っている赤ちゃんからいびきのような音が聞こえてきて驚いたことがあるママもいるのではないでしょうか。

いびきをかく赤ちゃんは意外と多く、5%から10%言われています。

赤ちゃんのいびきはそれほど珍しいものではないのですが、中には病気が隠されていることがあります。

今回は赤ちゃんのいびきから分かる病気について紹介します。

・いびきの原因

いびきというのは、息が喉を通る時の振動です。

様々な理由で息の通り道である器官が狭くなったり、喉の粘膜が震えるといびきが出ます。

赤ちゃんのいびきの原因としては、喉の機能の未熟さ、鼻づまり、扁桃腺やアデノイド肥大が考えられます。

赤ちゃんがいびきをし始めた時、呼吸が継続しているかを確認しましょう。

耳を近づけて聞いても良いですし、ティシュを鼻に近づけてもわかりやすいと思います。

いびきをかいている赤ちゃんの呼吸が一定時間止まっているようなら、睡眠時無呼吸症候群の可能性があり要注意です。

・扁桃腺・アデノイド肥大には治療が必要

喉の奥にあるアデノイドや扁桃腺が大きいと、寝ている間に気道が塞がれやすくなりいびきが出ます。

アデノイドや扁桃腺が大きいのは先天的な疾患や障がいで起きると考えられているので、治療が必要です。

その結果睡眠時無呼吸症候群となり、夜の睡眠が浅くなり昼間に眠たくなったり、ぐずってしまうことが多くなります。

お昼寝の時間が長く夜にぐっすり眠れていない時や、不機嫌な様子が続く時は睡眠時無呼吸症候群の影響を考えてみると良いかもしれませんね。

baby bryce / halahmoon

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。