春に流行るのはどんな風邪?ホームケアの方法は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby Thea

春は気温差が激しく、暑い日もあれば風が冷たい日もありますね。

新しいことが始まる季節でもあり、体調を崩しやすい季節とも言えます。

今回は春に流行る風邪とホームケアの方法を紹介します。

・春のはどんな風邪が流行る?

春は鼻水や喉の痛み、咳などの症状が出やすくなります。

咳が1週間以上続く場合や、発熱して3日経っても下がらない場合は小児科を受診すると良いですね。

ただし、機嫌が悪い、夜眠れない、食欲がない、水分を摂らない、生後3ヶ月未満の赤ちゃんが38℃以上の熱がある場合はすぐに受診しましょう。

また、風邪の他に風疹やりんご病などの感染症も流行します。

以下のような症状があればすぐに小児科を受診しましょう。

風疹

  • 潜伏期間が16日から18日
  • リンパ節の腫れ
  • 細かい発疹
  • 発熱(熱が出ない子どももいます。)

りんご病

  • 潜伏期間が4日から21日
  • 軽い風邪の症状
  • 両頬の紅斑、腕や太ももに網状の紅斑

・風邪のホームケア方法

発熱

熱がある時のまずチェックしてほしいのが、手足の温度です。

手足が冷たく、顔色が悪い、寒くて震えている場合は布団を多くかけたり、厚着をして温めましょう。

手足が温かく顔が赤らんでいたり、汗をかいている場合は、薄着にしたり、布団をタオルケットなどに変えると良いですね。

体温調節をしたら、こまめな水分補給を心掛けましょう。

麦茶や湯冷まし、経口補水液などがオススメです。

汗をかいたらこまめに着替えをし、体をタオルで拭いてあげるとすっきりしますね。

何時に何度の熱があったか記録をつけておくと、受診する時に役立ちます。

咳は室内が乾燥すると出やすくなりますので、湿度を50%から60%にしましょう。

食事は消化が良くて刺激のないものがオススメです。

咳が落ち着いている時は水分補給をこまめに行なってくださいね。

もし、夜中に寝ている間も咳がひどかったり、1週間以上咳が続いている、食欲がない、熱が出たという場合は小児科を受診しましょう。

Baby Thea / Scott Hamilton Photography

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。