大人と違う?喉の構造が原因で起こるいびきとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Sleeping

赤ちゃんが寝ている時いびきをかく原因に、大人とは違う喉の構造や、赤ちゃんの体型があります。

赤ちゃんがいびきをかくことは珍しくなく、乳児の5%から10%がと言われています。

いびきをかく原因の中には、扁桃腺やアデノイド肥大という気をつけたいものありますが、今回は赤ちゃんの体の作りによる原因について紹介します。

・赤ちゃんの喉の構造によるいびき

赤ちゃんがいびきをかく原因の1つとして、喉の構造があげられます。

赤ちゃんの喉は大人と違って高い位置に存在し、それに伴って舌も上の方に存在するため口呼吸がしづらくなります。

また、寝ている時は喉周辺の筋肉が緩み気道が細くなっているため、空気が通る時喉の膜が震えていびきになります。

赤ちゃんが成長することで、喉の位置が変わってくるためいびきも治まってきます。

赤ちゃんのいびきを観察した時に無呼吸の症状がなければ深刻ないびきではありませんが、いびきをかいている時に喉仏が凹むようであれば十分に呼吸できていない可能性があります。

酸欠の状態になっていますので、放っておくと様々な障がいが引き起こされるかもしれません。

早目に耳鼻科を受診しましょう。

・赤ちゃんの体型によるいびき

大人も肥満体型だったり首が短く太い場合いびきをかきやすいですが、赤ちゃんも同じことが言えます。

赤ちゃんは元々ムチムチしている体型ですが、度が過ぎるといびきをかく原因になります。

また、体重が増えることで元々小さい鼻の穴がさらに狭くなりいびきをかいているかもしれません。

1歳を過ぎると体を自分で動かすことが増えて体型がスリムになってくると思いますので焦る必要はありませんが、成長曲線を大幅に超えている場合は赤ちゃんがぐっすり眠れるよう姿勢や枕を工夫する必要がありますね。

Sleeping / yoshimov

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。