結膜炎は充血と目やにが特徴!赤ちゃんに感染しない方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



watering eye or a tear

赤ちゃんの目が赤く充血していたり、黄色い目やにが出ていたら結膜炎の可能性があります。

結膜炎は一般的に2歳から6歳に多いのですが、赤ちゃんは免疫力が低いため感染してしまうのです。

放っておくと目の大事な角膜を傷つけてしまうかもしれません。

今回は赤ちゃんの結膜炎について紹介します。

・赤ちゃんの結膜炎とは

結膜に炎症を起こすことを結膜炎といいます。

結膜は目とまぶたの裏側を覆っている部分で、薄い粘膜のことです。

赤ちゃんはまだ免疫力が低く十分に発達していないため、ウイルスや細菌に弱く、一度結膜炎に感染すると重症化するパターンが多く見られます。

また、赤ちゃんはまだ立ち上がることができないため、地面に落ちているものと眼球との距離が近く目に異物が入りやすいので注意が必要です。

・結膜炎の原因と症状

結膜炎の症状には4つの原因がありそれぞれ症状も違いますが、大人でも子どもでも原因や症状は変わらず、治療法も変わりません。

どの症状にも目の充血や黄色い目やになどはありますが、ママの目では区別がつきにくいため専門医による診断が必要となります。

細菌性の結膜炎

黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌などの細菌に感染してしまうことで起こる結膜炎です。

黄色ブドウ球菌は、喉や鼻、毛髪、皮膚にいる菌で、汚れた手で目をこすった時などに細菌が結膜に侵入して発症してしまいます。

症状は目の充血やねばねばした黄色い目やに、目の痛みがあります。

感染率は低めで、もし発症しても2日から3日で治ることが多い結膜炎です。

目を怪我していたり、免疫力が低い赤ちゃんになりやすい結膜炎とも言えます。

ウイルス性結膜炎

アデノウイルスやエンテロウイルスといったウイルス感染で発症する結膜炎です。

ウイルス性結膜炎も目をこすることでウイルスが侵入し感染しますが、プールの水を通して感染するため乳児より、幼児や小学生が感染しやすいですね。

症状は目が充血し、まぶたが腫れ、目がゴロゴロするといった違和感があります。

また、目の症状以外にも風邪のような喉の痛みや発熱を伴うケースもあります。

アレルギー性結膜炎

アレルギー体質の子どもに、アレルギー源であるハウスダウトや花粉が目に付着し結膜炎が起きます。

赤ちゃんが発症することは少なく、3歳から4歳に発症することが多いですね。

パパやママがアレルギー体質の場合は遺伝している可能性が高いため注意が必要かもしれません。

症状は目の充血の他に、目のかゆみが激しく、鼻水やくしゃみといった症状も伴います。

クラミジア結膜炎

クラミジア・トラコマチスという細菌が原因の結膜炎です。

ほとんどが性交渉によって感染しますが、赤ちゃんが感染している場合母子感染したことが考えられます。

ママがクラミジアに感染していると、産道を通る時に感染してしまいます。

初期の診断が難しい結膜炎で、ウイルス性の流行性結膜炎であるはやり目に間違われやすいのですが、まぶたが腫れ、目が充血し、むくみます。

目やにが出始め、眼瞼結膜に、小さなブツブツが現れます。

そのまま、放置しておくと、ブツブツが大きくなり、結膜から角膜に血管が侵入してきます。

感染してしまうと、初期には急性濾胞性結膜炎に、放置してしまうと女性は腹痛や子宮外妊娠、不妊症、妊娠中の流産の原因にもなります。

・結膜炎の予防方法

1番の予防方法は目を触らないことですが、赤ちゃんにはそれが難しいですよね。

そのため、ウイルスや細菌が目に入らないようにするには手を清潔にしてあげることが大切です。

感染性の高いウイルス性結膜炎は家族が予防することも重要ですね。

目やにが出ていたらティッシュペーパーで拭き取りその都度捨てることや、タオルを家族で共有しない、大人が赤ちゃんの目をケアしたあとも手を洗うなどが必要です。

また、ウイルスは便からも感染することがあるのでおむつ交換後は必ず手を洗いましょう。

もしかゆみが強ければ、目をこすると悪化してしまうのでかゆみ止めを処方してもらうと良いですね。

・結膜炎になったら病院へ行く?

結膜炎の原因はウイルスや細菌などの感染性や、花粉やアトピーなどのアレルギー性疾患などにより、結膜が炎症が生じることで起きてしまいます。

白目が充血し黄色い目やにが出てきても、原因が細菌なのかウイルスなのかは専門医でなければ判断が難しいところです。

原因や症状によっても治療法が異なりますし、赤ちゃんの結膜炎を放っておくと角膜を傷つけて弱視になってしまう可能性があります。

目が充血し目やにが増えた時は病院を受診し、またまぶたが腫れていたり目に痛みを感じているようでしたら、早めに受診した方が良いと思います。

watering eye or a tear / bradleygee

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。