赤ちゃんの様子が変!病院を受診するタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Ashes, Ashes, We All Fall Down!

赤ちゃんの病気は進行が早く、月齢が低ければ低いほど症状が全身へ及んでしまいます。

そのため、早期発見と早期治療が必要です。

赤ちゃんの体調の変化にいち早く気付いてあげられるのは、いつも一緒にいるママですね。

今回は赤ちゃんの体調に変化があった時、病院へ行くかどうかの見極めについて紹介します。

・予防が大切

赤ちゃんといつも一緒にいるママだからこそ、赤ちゃんのちょっとした変化に気付きやすいですよね。

いつもと違う様子があった場合に、冷静に対応できるように準備しておきましょう。

また、ママにできることは予防です。

特別な予防ではなく、普段から室温に気をつけたり、清潔な状態に保つなど普段のお世話でできることばかりです。

出来る限りの予防をして、病気にならないよう気を付けてあげましょう。

しかし、ママがいくら頑張っても赤ちゃんは病気になってしまうことがあります。

赤ちゃんは病気をしながら免疫力をつけていくものなので、病気になってもママは自分を責めずに赤ちゃんのために落ち着いて行動するように心掛けましょう。

・病院へ行くタイミング

赤ちゃんの様子がいつもと違い、心配なら迷わず受診して良いと思います。

赤ちゃんの症状や全身の状態を確認し、診療時間外でも急いで受診したほうが良いのか、診療時間内の受診で良いのかを見極めましょう。

基本的には、「食べる、寝る、遊ぶ」ができていて、症状が軽ければ2日から3日家で様子を見て良い場合があります。

その時は外出を控え安静に過ごし、赤ちゃんの様子をこまめに見てあげてください。

途中で悪化した場合は、すぐに受診しましょうね。

診療時間外でも急いで受診が必要

  • 生後6ヶ月未満の赤ちゃんが、38℃以上の熱がある
  • ぐったりしている
  • 意識がはっきりしない
  • チアノーゼ(爪や唇などが青紫色になる)が見られる
  • 痙攣を起こした
  • 呼吸が悪く、苦しそう
  • 普段と違う激しい泣き方をして、泣き止まない
  • 下痢や嘔吐が激しい、血便が出た
  • 耳をひどく痛がる
  • 水分が摂れない
  • おしっこが出ない

診療時間を待って受診する必要がある

  • 生後6ヶ月以上の赤ちゃんが38℃以上の熱がある
  • 症状が3日以上続く
  • 症状が悪化している
  • 元気がない、機嫌が悪い
  • 食欲がない
  • 眠れない

家で様子を見て良い

  • 症状が軽い
  • 元気がある、機嫌が良い
  • 食欲がある
  • 水分が摂れる

・迷ったら電話相談

診療時間外でも急いで受診する場合、診療時間を待って受診する場合、家で様子をみて良い場合のチェックポイントを紹介しましたが、赤ちゃんの状態は個人差があり、その日によって違います。

一概にこのチェックポイントに当てはまるとは限りませんね。

診療時間内でしたら、かかりつけ医に電話をして受診の必要があるか確認をしてみましょう。

休日や夜間で受診すべきか迷った時は、#8000(厚生労働省小児救急電話相談)に電話をして相談してください。

携帯電話からも利用が可能です。

小児科医、看護師、保健師からアドバイスをもらうことができますよ。

Ashes, Ashes, We All Fall Down! / donnierayjones

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。