突然の高熱!解熱後に発疹?赤ちゃん特有の病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby

多くの赤ちゃんが経験する病気の1つに、突発性発疹という病気があります。

突然の発熱があり、解熱後に発疹が現れます。

ヒトヘルペスウイルス6型または7型が原因で感染し、1度感染すると免疫が作られるため再度感染することはありません。

今回は、生後6ヶ月から1歳未満にかかりやすい、突発性発疹という感染症の病気について紹介します。

・突発性発疹

症状

通年でかかる病気で、突然38℃から39℃の高熱が出て3日から4日続きます。

熱が下がると、その日か翌日におなかを中心に赤い発疹が現れる病気です。

かゆみはなく3日から4日で消えますが、熱が下ってからの方が発疹の不快感で赤ちゃんの機嫌が悪いことが多いですね。

発疹が出て始めて突発性発疹と診断されますので、最初の発熱だけでは風邪と区別がつきにくいです。

ケア方法

赤ちゃんが始めてかかる病気が突発性発疹であることも珍しくありません。

熱が40℃に及ぶこともあり、熱性けいれんを起こす赤ちゃんもいるかもしれません。

痙攣を起こしたら衣服をゆるめ、横向きに寝かせ、痙攣の時間を計りましょう。

顔色、意識、呼吸状態に異常がなければ、熱がある間は安静にし水分を多く与えて様子を見ましょう。

落ち着いたら、念のため病院を受診してください。

痙攣を繰り返したり、治まらない、意識がはっきりしない場合はすぐに救急車を呼んでください。

発疹はあまりかゆみがないため特にケアは必要ありませんし、発疹が出てから再度受診せず自然治癒を待って良いと思います。

Baby / ringt

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。