プールの水から感染する?咽頭結膜炎の症状とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Pool hug

高熱や喉の痛み、結膜炎の症状が現れる病気を咽頭結膜炎と言います。

プールの水を介して感染することから、別名プール熱とも言いますね。

アデノウイルスが原因で、主に夏季に感染する病気です。

今回は咽頭結膜炎、別名プール熱の症状とケア方法について紹介します。

・咽頭結膜炎(プール熱)

症状

咽頭結膜炎に感染すると、高熱や喉の痛み、目の充血、目やにが出るなどの症状があります。

熱はかなりの高熱で、39℃から40℃の高熱が出て4日から7日程度続きます。

熱が高いため熱性けいれんを起こすことがあるため注意が必要ですね。

赤ちゃんの場合は、下痢や嘔吐などのおなかの症状を伴うことがあるので、合わせて覚えておくと対応しやすいのではないでしょうか。

解熱と共に、他の症状も落ち着いてくるはずです。

ケア方法

高熱が出るため、こまめな水分補給を忘れずにしましょう。

外出はせず家で安静に過ごしてください。

喉が痛むため食欲が減るかもしれませんが、のどごしの良いものを少しずつ与えると良いと思います。

結膜炎の症状がある病気で感染力が強いですから、家族とタオルを共有したりするのは危険です。

それぞれのタオルを使い、手洗いうがいなどをしっかり行いましょう。

Pool hug / Lars Plougmann

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。