爪を短く切ろう!水ぼうそうにかかった時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



J wonders why flies would make someone cry

水ぼうそうという病気をご存知のママは多いのではないでしょうか。

強いかゆみを伴う湿疹が全身に現れ、1年中かかる可能性がある病気です。

原因となるウイルスは、水痘帯状疱疹ウイルスです。

今回は水ぼうそう、別名「水痘」と呼ばれる病気の症状とケア方法を紹介します。

・水ぼうそう

症状

水ぼうそうの始まりは、虫刺されのような赤い発疹です。

発疹が出始めると、間もなく強いかゆみを伴う水痘になり、2日から3日で全身へ広がります。

水痘はその後かさぶたになりますが、3日から4日間は新しい発疹が次々にできるため、赤い発疹、水痘、かさぶたが混在して全身にある状態になります。

熱は高くならないこともありますね。

かさぶたは1週間から2週間ではがれます。

ケア方法

強いかゆみを伴うため、子どもは水痘を掻き壊してしまう可能性があります。

そうなると化膿して跡が残ることがあるので、爪を短く切っておくと良いと思います。

全ての発疹がかさぶたになるまで人にうつしてしまう可能性があるため、外出はせず自宅で安静にして過ごすようにしましょう。

J wonders why flies would make someone cry / Jeremiah Ro

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。