ぜんそくと間違えやすい?気管支炎の症状の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Child

風邪をこじらせ、気管支炎という呼吸器の病気にかかることがあります。

1年中かかる可能性がある病気で、原因はウイルスや細菌です。

今回は急性気管支炎とぜんそく様気管支炎の症状を紹介し、自宅でのケア方法を紹介します。

・気管支炎

症状

急性気管支炎

多くの急性気管支炎は風邪をこじらせ、喉の奥まで炎症を起こす病気です。

38℃から39℃に熱と、ゴホゴホと痰が絡んだような咳が出るのが特徴です。

1周間程度で回復しますが、咳はしばらく続くかもしれません。

ぜんそく様気管支炎

アレルギー反応による気管支喘息とは別です。

気管に溜まった痰で気管支が狭くなるため、息を吐く時にゼイゼイ、ヒューヒューという喘鳴が聞かれる、喘息に似た症状が出る気管支炎です。

月齢が低いほど、呼吸困難を起こしやすくなるため注意が必要です。

ケア方法

急性気管支炎もぜんそく様気管支炎も自宅での安静が大切です。

痰を切れやすくするために、加湿器などで室内の湿度を保ち水分を少しずつ与えるようにしましょう。

痰が絡み苦しそうにしている時は、縦抱きにして背中をトントンしてあげると良いですよ。

Child / < J >

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。