感染力が強いウイルス性胃腸炎!便や嘔吐物の処理方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Belly Time

赤ちゃんのお腹はとてもデリケートで、お腹の病気にかかりやすいですね。

感染力が強いお腹の風邪であるウイルス性胃腸炎は、1年中気をつけなければなりません。

真冬はロタウイルスが原因でかかり、秋から春先にかけてはノロウイルス、1年うちで特に夏はアデノウイルスが感染し、つらい症状を引き起こします。

今回はウイルス性胃腸炎について紹介します。

・ウイルス性胃腸炎

症状

ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルス、3つのウイルスは共通して急な嘔吐や下痢、発熱を引き起こします。

水っぽい便が1日に10回以上出ることもあり、脱水に気をつけなければなりません。

ロタウイルスは白っぽい便が出るのが特徴です。

腹痛のため食欲が落ちることが多いですね。

ケア方法

ウイルスに感染すると吐き気があり、食欲が減り心配になるかもしれません。

しかし無理に食べさせずに安静に過ごさせてあげてください。

少量ずつ時間をかけてベビー用のイオン飲料などを飲ませ、脱水にならないように気をつける必要があります。

嘔吐のピークは数時間から半日程度です。

吐く回数が多い時には、吐いたものが喉に詰まらないよう横向けに寝かせるようにしましょう。

下痢は病原体を出すための防御反応なので、無理に止めようと薬を飲ませるのは止めてください。

感染力が非常に強いウイルスで、大人も感染することがあります。

看病する時はマスクをしてこまめに手を洗ったり、便や嘔吐物を処理する時は注意しましょう。

・便や嘔吐物の処理方法

便や嘔吐物にはウイルスが大量に含まれているため、気を付けて処理しなければ家族内感染が起こります。

家族内で感染者が出た場合、常にマスクをして過ごしこまめに手を洗います。

汚物を処理する際は、使い捨ての手袋を使用し、床などをきれいに拭き取りましょう。

その後、塩素系の消毒剤で消毒するとウイルスが死滅しますので、乾燥したウイルスが空気中を漂うことがなくなります。

感染者が使った食器や哺乳瓶なども、食器用の塩素系消毒剤にしばらく浸して消毒しましょう。

嘔吐物で汚れた衣服は捨てるか、洗剤で手洗いしたあとに漂白剤で消毒をします。

ウイルスは高温に弱いため、高温乾燥機での熱消毒も効果がありますよ。

Belly Time / benklocek

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。