肛門周辺に膿ができる?男児に多い肛門周辺膿瘍とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Ridiculously overstuffed diaper

便による細菌が原因で、肛門周囲膿瘍という病気にかかることがあります。

肛門の周りが赤く腫れて膿をもつようになり、赤ちゃんは痛みのために機嫌が悪くなり泣くことが増えるでしょう。

今回は肛門周辺膿瘍の症状とケア方法を紹介します。

・肛門周辺膿瘍

症状

生後1ヶ月前後から1歳位の乳児期の赤ちゃんに多く見られる病気で、決して珍しいものではありません。

原因の1つはおむつかぶれによる皮膚からの感染、もう1つは肛門の奥の腸からの炎症が皮膚に及ぶもの(乳児痔ろう)です。

乳児痔ろうは男の子に多く、女の子は比較的できにくいと言われています。

肛門周辺膿瘍は、乳児期の赤ちゃんが下痢や軟便が続いた後に肛門の周りが赤く腫れて膿をもつようにになって起こります。

膿瘍は症状を繰り返すことが多く、肛門周辺の他の部位にも広がることがあるので注意が必要です。

ケア方法

肛門周辺膿瘍はひどく膿をもつようになると、皮膚に少し穴を開けて溜まっている膿を外に出してあげなければ治りません。

しこりが腫れて痛がる時はすぐに病院を受診しましょう。

おむつかぶれが原因の場合は、膿を出した後に下痢止めを使用し便性を整えて、肛門の周りの皮膚を清潔にしてあげるとすぐに治ります。

病院を受診しない場合も、こまめにおむつを取り替え、排便後はぬるま湯で肛門部を洗い清潔に保つようにしてあげましょう。

乳児痔ろうによる膿瘍は再発を繰り返すことが多いので、場合によっては大人の痔ろうと同じく手術しなければならないこともあります。

肛門の周りが赤く腫れているのを見つけた時は小児科外科に診てもらうと良いですね。

しかし肛門周辺膿瘍は基本的に、1歳から2歳になると自然に治ることが多いです。

稀に2歳以上になっても治らないことがあるので、この時も病院を受診すると良いですね。

Ridiculously overstuffed diaper / melissajonas

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。