風邪の治りかけになりやすい中耳炎!耳の構造が原因だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Ear

赤ちゃんの耳と鼻の奥を繋ぐ耳管は、大人に比べて太く短いことから、鼻や喉の感染症が耳へ広がりやすい構造になっています。

そのため、肺炎球菌やインフルエンザ菌、鼻や喉の炎症などが原因となり中耳炎を起こします。

また、風邪の治りかけに中耳炎になることが多いですね。

今回は急性中耳炎と滲出性中耳炎について紹介します。

・中耳炎

症状

急性中耳炎

鼓膜の内側の中耳が炎症を起こす状態を、急性中耳炎といいます。

細菌やウイルスは耳の外からではなく、鼻や喉の感染部位から耳管を通って侵入してきます。

鼓膜が炎症を起こすことで発熱や耳の痛みがあり、進行すると膿が溜まって鼓膜を圧迫するため高熱になり、痛みも強くなります。

鼓膜が破れて溜まっていた膿が「耳垂れ」として出てくることもあります。

赤ちゃんは症状を言葉で伝えられないため、機嫌が悪くなったり、耳を触ったり引っ張ったりするはずです。

そのような症状が現れたら中耳炎を疑ってください。

滲出性中耳炎

鼻や喉の炎症によって、中耳付近の粘膜から滲出液が中耳に溜まります。

急性中耳炎で炎症が長引いた後遺症として起こることもあるため、注意が必要ですね。

耳の痛みや発熱はないのですが、聞こえが悪くなります。

物音や呼びかけに反応しない場合は疑ってみましょう。

ケア方法

耳の中は見えないため低年齢の子どもが中耳炎になると気づきにくく、発見が遅れてしまいます。

喉や鼻の風邪を引いていて、3日以上熱が続いたり、1度病院を受診しているのに熱が引かないなどの症状がある時は中耳炎を疑いましょう。

その他、頭を左右に振ったり、夜泣きをして眠らない、泣き止まないなど、いつもと違う行動があった時は要注意です。

病院で薬をもらったら、途中で服用を止めることなく最後まできちんと飲ませましょう。

途中で止めると中耳炎を繰り返しかねませんし、滲出性中耳炎が悪化し難聴になることもあり得るため、処方された薬をしっかり飲みきりましょうね。

鼻水はこまめに吸い取り耳に菌が流れないようにし、耳垂れがある場合は出てきたものだけそっと拭き取ってください。

Ear / matsuyuki

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。