原因不明の高熱!まずは尿路感染症を疑うべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Sleeping baby

細菌が尿路に侵入して炎症を起こす病気があります。

尿路とは尿が作られて排出されるまでに通る、腎臓、尿管、膀胱、尿道の総称です。

尿路感染症のほとんどが、尿の出口である尿道口から大腸菌などの細菌が入り炎症を起こします。

今回は尿路感染症の症状とケア方法を紹介します。

・尿路感染症

症状

炎症を起こす場所によって、腎盂炎、膀胱炎などと呼び名が変わる尿路感染。

赤ちゃんの場合は感染している部位を特定しにくいため、まとめて尿路感染症と呼ぶことが多いです。

尿路が短い女の子に多くみられる病気ですが、赤ちゃん時代は男の子も多くかかります。

風邪を引いておらず、原因不明の発熱は尿路感染症を疑っても良いかもしれません。

大人であれば膀胱炎になった時点で、排尿痛があったり頻尿になり感染に気づけるのですが、痛みや不快感を言葉で訴えられない赤ちゃんの場合、感染が尿路の上部に進み腎盂炎になるまで気づかないことがあります。

腎盂炎になると高熱が出て、入院治療が必要になります。

発熱を繰り返したり、他に症状がなく高熱でぐったりしている時、赤ちゃんの場合は尿路感染症を疑い、早目に病院へ行くようにしましょう。

ケア方法

膀胱炎の場合は抗生物質を服用して治療します。

腎盂炎の場合は適切な抗生物質を服用し、尿の状態が改善するまで入院し治療が必要になります。

処方された薬は最後までしっかり飲ませるようにしましょう。

菌を早く排出させるために、十分に水分を摂らせてください。

女の子の場合便を拭く時は、必ず前から後ろに向かって拭き、尿路に感染を起こさせないよう心掛けましょうね。

Sleeping baby / matsuyuki

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。