5%の赤ちゃんが鼠径ヘルニア!脱腸が起こる原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Hands & Feet

赤ちゃんのうち1%から5%の割合で、鼠径ヘルニアという病気をもって生まれてきます。

あまり聞いたことがない言葉かもしれませんが、小児外科手術の中で最も多い症例です。

原因は先天性であり、いずれ手術になることが多い病気です。

今回は鼠径ヘルニアについて紹介します。

・鼠径(そけい)ヘルニア

症状

鼠径部とは、足の付根と下腹部の間あたりのことです。

ママのお腹にいる時には、足の付根とお腹が繋がった通り道があります。

本来内臓が出来上がる時に通り道が閉まるはずですが、隙間が空いて、その部分に腸が出てきてしまう現象(脱腸)が起こるのが鼠径ヘルニアです。

泣いたり、排便でいきんだりして腹圧がかかると腸がその隙間に入り、足の付根や男の子の場合片方の睾丸だけが大きくなったように膨らみます。

女の子の場合は、卵巣や卵管が一緒に出ることもあります。

通常は押すと戻り、痛みはありません。

しかし、飛び出したまま元に戻らなくなったり、腸がねじれた状態になってしまう「嵌頓(かんとん)」という症状になると、腸が締め付けられ、最悪の場合壊死してしまうこともあり緊急手術が必要になります。

嵌頓になると赤ちゃんは痛みで大泣きしますが、素人では嵌頓を判断しにくいため、すぐに病院を受診するようにしましょう。

ケア方法

鼠径ヘルニアは胎児の頃に塞がらなかった穴が原因なので、生後6ヶ月頃までなら成長とともに自然と治る場合があります。

しかし自然治癒はあまり期待できませんので、1歳までに治らなければ外科手術をするのが一般的です。

成長して筋肉が発達し脱腸しなくなることもありますが、年をとって筋肉が衰えるとまた出てくることもあります。

大人になってからの手術の方が穴が大きく規模が大きいので、子どもの頃に手術してしまうのが良いでしょう。

鼠径ヘルニアは新生児から見られるものなので、始めて脱腸している様子を見ると驚くかもしれませんが、赤ちゃんに痛みはなく元気に生活できます。

穴の大きさや脱腸の状態によって治療方針が変わってくるはずですので、見つけた時は1度小児外科を受診してみましょう。

Hands & Feet / audi_insperation

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。