乳児の湿疹はいつまで続く?薬を使ったケアは必要か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



DSC_6012

赤ちゃんの体にできる湿疹を乳児湿疹と呼びますが、乳児脂漏性湿疹といい生後1ヶ月から2ヶ月に多く見られる湿疹があります。

ママからもらったホルモンの影響で起こるため、生後3ヶ月までに治ることが多い皮膚のトラブルです。

今回は乳児脂漏性湿疹について紹介します。

・乳児脂漏性湿疹の原因

乳児脂漏性湿疹とは、過剰な皮脂分泌が原因で起こる乳児湿疹の代表的な皮膚トラブルです。

ママのお腹にいた時にホルモンの影響を受けているため、新生児から生後3ヶ月くらいまでは皮脂の分泌がとても活発になり、皮脂の脂が漏れて湿疹になってしまいます。

どの赤ちゃんでも乳児脂漏性湿疹ができる可能性はありますが、大人でもニキビができやすい人とできにくい人がいるのと同じで、体質や皮膚の丈夫さが関係して症状が出にくい赤ちゃんもいます。

・乳児脂漏性湿疹の症状

乳児脂漏性湿疹の特徴としては、体には湿疹ができず、首から上にできやすいことです。

頭皮や額から眉毛、鼻周辺に赤い湿疹ができたり、皮脂が固まったような黄色いカサブタのようなものがこびりついたりしますので、フケのように感じることがあるかもしれません。

浸出液が出ることがあったり、赤みがある湿疹ですが痒みはありません。

赤ちゃんの体質や肌の強さによって症状の程度に差がありますが、多くの赤ちゃんに見られる皮膚トラブルです。

・乳児脂漏性湿疹のケア方法

沐浴する時に、石鹸でよく洗い清潔にしてあげましょう。

カサブタが硬くて取りにくい時は、入浴前にベビーオイルなどでふやかしてからそっと洗うと良いですね。

しかしカサブタが取れて黄色くジュクジュクすると、そこからばい菌が入ってしまう可能性があるので、時には抗生物質入りの軟膏を塗ってあげたり、皮膚を保湿するような薬を塗ったりすることがあります。

ケアする時はママの手を清潔にすることが基本ですが、どんなに清潔にしていても湿疹に触る頻度が多くなると雑菌がつく可能性があるため、できれば触らずに乾かすようにしましょう。

また、赤ちゃんがいる部屋を温かくし過ぎると体温があがり皮膚血管が拡張してかゆみが強くなりがちです。

夏は除湿機を使ってこまめに除湿し、冬は暖房で温め過ぎないようにして皮膚が乾燥するような状態にしてあげるくらいが、乳児脂漏性湿疹には良いでしょう。

生後1ヶ月から2ヶ月がピークで、それ以降は皮脂分泌量が減少し、1歳を迎える前には肌のバリア機能が整うため自然に治っていきます。

それまではばい菌が侵入しないように、お風呂に入れて肌の清潔を保ち、症状がひどい場合は赤ちゃんの頭や顔を洗ってあげる回数を増やすと良いですね。

・乳児脂漏性湿疹で病院へ行くタイミング

湿疹がジュクジュクして膿んでくると、二次感染で他の部分にうつることがあります。

その場合は病院を受診しましょう。

症状によって抗生物質入りの軟膏を塗ったり、ひどければ内服の抗生物質を飲ませたりすることがあります。

アトピー性皮膚炎との区別が難しい場合がありますが、アトピーは慢性的で強いかゆみがあり、アレルゲンがあるなどの特徴があるため、全く別物と考えてくださいね。

DSC_6012 / jmayer1129

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。