シャワーで流すと治りが早い!おむつかぶれの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



diapered baby.

赤ちゃんは大人と比べて皮膚が薄く、少しの刺激でトラブルが起きてしまいます。

特に今回紹介するおむつかぶれは、悪化する前にしっかりとケアして、普段から肌の様子を知っておく必要があります。

ケア方法を知り、赤ちゃんのおむつ環境が悪くならないように気をつけたいですね。

・おむつかぶれ

症状

おむつの中が蒸れたり、尿や便の刺激が原因でおむつかぶれを起こします。

おむつに触れる陰部や足の付根、肛門の辺りが炎症を起こしたり、赤く腫れたり、ひどい時は皮がむけたりします。

悪化するとお尻を拭く時に痛がるようになります。

ケア方法

おむつは普段からこまめに取り替えるようにしましょう。

特に下痢をしている時は悪化しやすいため注意してください。

おむつかぶれになると赤みが出てきますので、見つけたら市販のお尻拭きでゴシゴシ拭くのではなく、たっぷりお湯を含ませたコットンで優しく拭き取りましょう。

そして、ぬるま湯のシャワーで洗ったりやノズル付きのドレッシングボトルにぬるま湯を入れてお尻を洗うようにすると早く治ります。

洗った後はうちわなどで十分に乾燥させてから、おむつを当てます。

これらのケアをしても改善しない場合は小児科か皮膚科を受診してくださいね。

diapered baby. / gunnyrat

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。