アトピー性皮膚炎の原因は遺伝?生後1ヶ月から見られる症状とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Mom, dad and daughter

アトピー性皮膚炎は遺伝的要素が大きく、アレルギーを起こしやすい体質であったり、皮膚のバリア機のが弱い赤ちゃんに多く見られる、皮膚の炎症を伴う病気です。

秋から冬に悪化しやすく、手足の関節に湿疹ができたり、耳切れするなどの特徴があります。

今回は生後1ヶ月から見られる、アトピー性皮膚炎について紹介します。

・アトピー性皮膚炎の症状

主な症状は湿疹とかゆみで、良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか治らないことがアトピー性皮膚炎の特徴です。

生後1ヶ月から3ヶ月頃から頬や顔面を中心にジュクジュクした湿疹が出てひっかくと液体が出て来る、ささくれだって皮がむける、長引くとごわごわとして硬くなり盛り上がってきます。

左右対称に湿疹ができることが多く、おでこや目のまわり、口のまわり、耳のまわり、わき、手足の関節の内側にできやすいですね。

アトピー性皮膚炎の始まりは、乳児脂漏性湿疹と勘違いすることもあります。

しかし、次第に体や手足の関節に湿疹が広がって、皮膚の乾燥が目立つようになります。

耳の下が切れて赤くなる耳切れが起こるのも、アトピー性皮膚炎の特徴です。

乳児脂漏性湿疹と違い痒みが強いので夜中に何回も起きるようになりますし、すぐに治ることはなく、何ヶ月もの間良くなったり悪くなったりを繰り返すでしょう。

乳幼児の場合は2ヶ月以上続くと慢性と判断されます。

・アトピー性皮膚炎のケア方法

パパやママがアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーであれば、その体質を受け継いでアレルギーを起こしやすくなることがあります。

生まれつきもっている体質の影響が強いので、治療は気長に進めていく必要があります。

炎症が続くとそれに伴ってかゆみも継続し、さらに引っかいてしまうことにより炎症が悪化し、バリア機能もさらに低下します。

そのため、ハウスダストや皮膚の物理的な刺激、汗や紫外線などの外からの刺激をますます受けやすい状態になります。

ケア方法として大事なことは、できるだけ早く炎症を抑えることが大切です。

医師の指示通りステロイド外用剤を塗り、かゆみを軽くする内服薬を飲みましょうね。

そして、毎日の入浴やシャワーで皮膚の清潔を保ちしっかりと保湿しましょう。

保湿剤は1日3回から4回を目安にし、毎日続けることが大切です。

食事で口の回りが汚れやすい時は、食事の前にも保湿剤を塗ってあげましょう。

こういった日々のスキンケアが何よりも重要です。

痒みが強いため掻きむしることがあると思いますが、悪化する原因となりますので、赤ちゃんの爪はこまめに丸く切るようにしてください。

また、衣服は肌に優しいものを選び、ダニやホコリ対策が大切です。

1歳から2歳くらいまでには皮膚が丈夫になり自然治癒力が高まっていくため、症状が軽くなったり、治癒することが多いので、あまり神経質にならず治療を進めていくと良いですね。

Mom, dad and daughter / Micah Sittig

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。