予防と早めのケアが大切!今からできるあせも対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby sweat.

赤ちゃんに多く見られる、あせも。

赤いブツブツと強いかゆみが症状として現れます。

汗っかきの赤ちゃんですから、しっかりとケアしなければ悪化し大変です。

今回はあせもの症状とケア方法を紹介します。

・あせも

症状

汗を大量にかくと、汗腺の出口が塞がれて、皮膚内に溜まった汗が原因で炎症を起こします。

一般的には赤いブツブツが現れ、チクチクとした痒みを伴います。

同じ大きさの細かい湿疹が特徴です。

新生児は透明や白色の湿疹が現れることもありますが、痒みはほとんどなく、水晶様汗疹と呼ばれます。

汗っかきで、肌と肌が重なる部分が多い赤ちゃんは、特に夏の暑い時期にあせもができやすくなります。

額や鼻の周辺、首の回り、肘の内側、膝の裏側などにでき、1番できやすいのが腰やお尻、次いで頭と首に出きやすですね。

ケア方法

赤ちゃんは暑がりなので、暑い季節はエアコンや扇風機をうまく使って室内の温度や湿度に気をつけるようにしましょう。

毎日入浴させて、汗をかいたらすぐに拭き取るなど、皮膚を常に清潔に保ってください。

吸湿性の良い肌着を着せて、汗をかいたらこまめに着替えることも大切です。

生後3ヶ月を過ぎた赤ちゃんは、大人より1枚少なめの洋服を着せるのが適温といわれています。

あせもの範囲が広がり膿をもってくると、とびひになる場合があり注意が必要です。

赤ちゃんはかゆみがあると引っ掻いてしまうため、爪を短く丸くきったり、ミトンを付けて悪化しないようにしてあげることも必要になります。

あせもにならないよう、予防と早めのケアを心がけてくださいね。

Baby sweat. / ruth p clark

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。