よく見ると違う?おむつかぶれと皮膚カンジダ症の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Dean sleeping

カビの一種であるカンジダ菌が原因で、炎症を起こし皮膚病になることがあります。

カンジダ菌はどこにでもいる菌で、健康な人の皮膚や便にも見られるのですが、皮膚の抵抗力が弱い赤ちゃんは健康な時でも病気の原因になることがあるのです。

今回は皮膚カンジダ症という病気について紹介します。

・皮膚カンジダ症

症状

カンジダ菌というカビの一種が皮膚にくっついて起こる皮膚炎であり、大人でも抵抗力が落ちていると感染します。

赤ちゃんの場合は皮膚の抵抗力が低いため、温かくて適度な湿り気があり乾燥しにくいおむつの中や、背中、脇の下、首や股のくびれた部分などに発症しやすくなっています。

症状はおむつかぶれと似ていて、皮膚が擦れやすいところが鮮やかな赤色にただれてきます。

おむつかぶれと違うところは、よく見ると赤く炎症を起こした部分の周辺に膿をもった小さなブツブツができ、炎症の周辺の皮が縁から剥けてきます。

また、おむつかぶれは首や股のくびれの奥にまで湿疹ができませんが、皮膚カンジダ症はくびれの奥まで赤くなるのが特徴です。

ケア方法

おむつかぶれと皮膚カンジダ症は処方される薬が全く違うため、判断がつかない場合は皮膚科へ行くことをおすすめします。

皮膚カンジダ症をケアするには、清潔と乾燥が何より大切です。

感染しやすい部分は入浴などで石鹸を使い念入りに洗い、タオルで軽く叩くように乾燥させます。

その後処方された薬を毎日塗れば1週間から2週間で良くなるはずです。

こまめにおむつ交換をし、下痢をしている時はおしりの清潔を保ち、下痢止めで早めに止めるようにしましょう。

おむつかぶれの状態にカンジダ菌がつくこともありますので、おむつかぶれが起きた時は早めに治すようにしましょうね。

Dean sleeping / andrewmalone

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。