ものもらいはうつるの?!赤ちゃんがなりやすい原因と治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



josh_0006.JPG

赤ちゃんの目が腫れて不機嫌そうにしていたら、ものもらいになっているかもしれません。

赤ちゃんの目の周辺の皮膚は薄く、爪や髪の毛があたったり、授乳や食事で汚れた手で目を触ったりすることで、すぐに炎症を起こしてしまいます。

ものもらいは大人だけではなく、意外と赤ちゃんに多い病気なのです。

今回はものもらいについて紹介します。

・ものもらいの原因

まつげの根元にある汗や皮脂を出す腺が化膿して炎症を起こしてしまうのが「ものもらい」です。

赤ちゃんの目の周辺の皮膚は薄く、爪や髪の毛が当たるだけでも炎症を起こしてしまいますが、1番の原因は「汗」といわれています。

また、好奇心が強くなり手足が自由に動かせるようになると、さまざまなものに触り、汚れた手で目をこすってしまうことで、赤ちゃんはものもらいになりやすいのです。

・ものもらいの症状

俗に言うものもらいは、黄色ブドウ球菌の場合は麦粒腫と、まぶた内の皮脂腺が詰まって起こる霰粒腫の2種類があります。

麦粒腫

黄色ブドウ球菌がまぶたにある汗腺や脂腺から入り、まぶたの生え際が化膿します。

黄色ブドウ球菌は常在菌ですが、免疫力が下っていると感染しやすくなります。

赤ちゃんは大人に比べて免疫が弱いので、黄色ブドウ球菌にも感染しやすい状態です。

外見で判断しやすいほどまぶたが腫れ、かゆくなった後、徐々に痛みも出てきます。

目を閉じるとゴロゴロと違和感があり押すと痛みがあります。

充血も現れます。

霰粒腫

細菌などの侵入ではなく、まぶたの内側にあるマイボーム腺と呼ばれる涙や脂肪を出す腺が詰まることが原因で起こります。

まぶたにコリコリしたしこりが現れますが、痛みはなく、小さいうちは気付かないことが多いです。

放置しておくと赤ちゃんは目を気にして、頻繁に目をこするので炎症がひどくなるので注意が必要です。

・ものもらいのケア方法

赤ちゃんは抵抗力が弱いため、大人と違って自然治癒することが難しく、悪化してしまうことが良くあります。

赤ちゃんのまぶたが腫れている時は、早めに眼科を受診しましょう。

いろんなものを触った手で目に触れてしまったり、体の免疫力が落ちてしまっている時に感染しやすいので、目の異常に気づいた時はできるだけ早い受診が良いでしょう。

まぶたの腫れがなくても、目を気にしているようであれば霰粒腫の可能性があるので、1度受診してみると良いですね。

麦粒腫の場合は飲み薬や目薬、軟膏が処方されます。

処方された薬を正しく使うことと、手や目の周りを清潔にしてあげることを心がけましょう。

もし膿が出ていても無理の出そうとしないでくださいね。

霰粒腫の場合は、抗生物質やステロイドの目薬が処方されます。

処方された薬を正しく使用していれば次第に良くなりますが、体力の低下やストレスによって再発の可能性があります。

治療が完了しても様子を見てあげましょう。

麦粒腫も霰粒腫も、手術が必要になるほどの症状が出ることはほとんどありません。

もし手術になっても跡は残らない方法が一般的なので、症状が悪化するよりも手術してしまった方が赤ちゃんも楽になるかもしれません。

主治医と相談して治療法を決めましょう。

赤ちゃんがものもらいにならないためには、日頃から前髪が目にかからないようにしたり、手を清潔にしたり、爪を短く切っておく、目のまわりを清潔にするなど気をつけるようにしましょう。

・ものもらいはうつる?

ものもらいは伝染性ではないので、人から人へうつることはありません。

「ものもらい」という病名が伝染をイメージすると思いますが、誰の肌にでも存在する菌や分泌腺の出口が詰まることで起こる病気なので、ママから赤ちゃんにうつることはありません。

目の病気がうつった場合はものもらいではなく、結膜炎などが考えられます。

もし家族がものもらいになっても、安心して子育てしても大丈夫ですよ。

しかし見た目だけでは病名がわかりませんので、やはり目に異常があった場合は眼科を受診するようにしましょうね。

josh_0006.JPG / yozza

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。