黒目の位置がずれている?赤ちゃんに多い偽内斜視とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Eplin - 2Y6M

赤ちゃんの顔を見た時、片方の黒目が違う方向を向いているように見えることがあります。

この状態を「斜視」といい、先天的な目の異常とされています。

しかし、一見斜視のように見えても赤ちゃんの顔つきによっては、問題ない場合も多くあります。

今回は斜視について紹介します。

・斜視

症状

斜視は遺伝や遠視、眼球を動かす筋肉の麻痺、脳や眼球内の病気など、斜視の種類によって原因が異なります。

乳幼児健診で見つかることが多い斜視ですが、原因不明の場合も少なくありません。

ただし斜視があると左右どちらかの目だけで見ているため、見ていない方の視力が極端に落ちたり、発達が害されるので早期に発見して治療することが大切です。

赤ちゃんは顔のパーツが成長途中なので、黒目が内側によっているように見えることがあります。

これを偽内斜視といい、成長とともに目立たなくなります。

偽内斜視を判断するには、赤ちゃんの鼻の付け根をつまんで高くするイメージで目を中央に寄せ、その状態で目の内側の白目が見えるようなら、成長して鼻が高くなると寄り目が治ります。

本当の斜視ではないので心配いりません。

治療やケアが必要な斜視は4種類あります。

外斜視

黒目が外側によっているタイプです。

赤ちゃんは視力が弱く、特に生まれたばかりの時は視線が定まりません。

そのため左右の目が別の方向を向いているように感じることがありますが、筋肉や視力が成長途中であり、うまく目線を合わせられないだけです。

それが原因で新生児の頃は外斜視に見えることもありますが、一般的には3歳以降に多く見られます。

内斜視

黒目が内側(鼻側)によっているタイプです。

赤ちゃんに多い斜視ですが、実際は偽内斜視で問題ないこともあります。

上斜視・下斜視

黒目が上側によっていて目の下側に白目が見える状態を上斜視、その反対を下斜視といいます。

ケア方法

原因によって治療法はさまざまです。

めがねやアイパッチを使って視力を矯正したり、手術が必要な場合もあります。

常に斜視になっている恒常性斜視と、時々斜視になる間欠性斜視があり、間欠性斜視は気づきにくく発見がが遅れる場合がありあます。

乳幼児健診をしっかりと受け、早期発見が大切です。

心配であれば、小児科や眼科で相談してみましょう。

Eplin – 2Y6M / alberth2

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。