水分補給が最優先!乳児が発熱した時の食事の与え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



ミルクぐびぐび

子どもが風邪を引いたり、感染症を起こし具合が悪くなる時がありますね。

機嫌がよく食欲があれば心配はないのですが、泣き続けたり、食欲がないとママは心配になると思います。

そんな時元気になって欲しいという一心で、食べ物には気を使いますよね。

今回は離乳食を開始した子どもの体調が悪い時、食事で気をつけることについて紹介します。

・体調が悪い時の食事の与え方

子どもの体調が悪い時、栄養があるものを食べさせて少しでも早く回復して欲しいと願うのがママですね。

もちろん食欲がある時は、普段通り栄養があるものを食べさせて良いのですが、食欲がない時に無理に食べさせてはいけないのです。

なぜなら、熱がある時子どもの体の中は病気と闘うだけで精一杯で、消化吸収の機能まで十分に働きません。

食欲がない時は、食べさせることより、まずは飲むことに重点をおいてください。

・熱がある時は水分補給を心がける

子どもの体は大人以上に水分が必要なのですが、水分を保つ機能は未熟です。

そのため、発熱や下痢、嘔吐であっという間に水分が失われ、脱水症状を起こすことがあります。

子どもの体は

  • 大人に比べて体重に占める水分の割合が大きい
  • 1日に入れ替わる水分量が多い
  • 肝臓の働きが未熟で、水分調節のために尿量を減らすことができない
  • 喉の渇きを訴えたり、自分で水分補給することが十分にできない

という面で、水分補給が何より大切なのです。

ただし、塩分が不足している状態の時、特に下痢を起こしている時にスポーツ飲料を過剰摂取すると、体液のバランスが崩れて水中毒になり、低ナトリウム血症という中毒症状を起こしやすくなりますので注意が必要です。

・水分補給におすすめの飲料

母乳や育児用ミルク

消化吸収に優れており、体にほぼ負担をかけません。

水分補給の面だけではなく、栄養補給にもおすすめです。

また、しっかり抱いて与えることで、病気で不安定な気持ちを安定させることができます。

経口補水液

市販されているものもありますが、手作りすることもできます。

レシピ

沸騰したお湯または白湯1lに対して、砂糖20gから40gと塩2gから3gをよく溶かす

乳児用イオン飲料

脱水症の予防に適しており、市販されています。

果汁

糖分が多く含まれている果汁は、下痢を引き起こすことがあります。

白湯で倍ぐらいにうすめて与えれば、水分補給として与えることができます。

白湯や麦茶

日常的な水分補給にはおすすめです。

下痢や発熱など、病気や炎天下で脱水を起こす場合には、ナトリウムやカリウムなどのミネラルも同時に失うので、それらを補う必要があり白湯や麦茶は適しません。

経口補水液や乳児用イオン飲料の方が適しています。

それらを与えながら、補助的に白湯や麦茶を使うと良いですね。

ミルクぐびぐび / yto

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。