ビタミンとミネラルの補給を!発熱中の水分補給の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



IMG_1223

乳児期の子どもは高い熱を出すと、食欲がなくなってしまうことが多いですね。

ママは、体力を付けるために栄養があるものを食べさせようと、いつも以上に栄養バランスを考えるのではないでしょうか。

しかし高熱があり食欲を失っている場合、無理に食べさせる必要はないのです。

大切なことは、水分は欲しがるだけ与え脱水症状にならないようにすることです。

今回は高熱が出た時の水分補給について紹介します。

・高熱がある時におすすめの水分補給の方法

高い熱が出ると、汗や息から普段より多くの水分が体から排出されます。

熱が出たら、まずは食べさせることより水分補給を心がけてください。

経口補水液や乳児用イオン飲料、母乳や育児用ミルクが適していますので、十分に与えるようにしましょう。

水分の温度は人肌にすると体に優しいのですが、水道水を少し冷やして与えても良いですね。

ただし冷たいものは腸を刺激するため、下痢をしている時は避けてください。

・ビタミンやミネラルを補給

熱が出ると体の中でビタミンがたくさん使われ、汗と一緒にミネラル分も失われます。

果汁や野菜スープはビタミンやミネラルの補給に優れているため、無理強いせず、飲みたがるのであれば欲しがるだけ与えましょう。

・食欲回復後の食事

高熱が治まってくる頃、食欲が回復してくることが多いですね。

発熱することでエネルギーが失われていますので、ご飯やうどん、パンなどの炭水化物でエネルギーを補給しましょう。

また、体を回復させるためには良質のたんぱく質を補給する必要があります。

豆腐や鶏卵、白身魚、牛乳やヨーグルトを食べやすく調理し与えてくださいね。

IMG_1223 / yoshimov

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。